ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館

PUNK/HARDCOREとHEAVY METAL/HARD ROCKの2つのジャンルの専門店! 渋谷で最もウルさく過激な音楽を取り扱っている専門店です!世界中の地下シーンの音楽があなたをお待ちしています! 場所は、渋谷宇田川町交番前 disk union渋谷5Fです。

ブログ内検索

2017年6月2日(金)METAL新譜入荷情報!

TANKARD / タンカード / ONE FOOT IN THE GRAVE  / ワン・フット・イン・ザ・グレイヴ<初回限定盤CD+ライヴCD>

TANKARD タンカード

ONE FOOT IN THE GRAVE / ワン・フット・イン・ザ・グレイヴ

CD(4) 3,240円(税込)<初回限定盤CD+ライヴCD>
CD(4) 2,484円(税込)<通常盤>

【国内盤】【2017年6月2日発売】
<こちらの商品は世界同時発売となります。>


大酒飲みのスラッシュ・メタル・バンド、タンカードの結成35周年を祝う宴が今始まる!ジャーマン・スラッシュ・メタルのBIG4の一角を担うタンカードが、通算17枚目のアルバム『ワン・フット・イン・ザ・グレイヴ』をリリース!お馴染みの酒飲みソングから世界情勢を捉えたシリアスなナンバーまで、幅広い楽曲を網羅!【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

タンカードはドイツのフランクフルト出身。DESTRUCTION、KREATOR、SODOMと共にジャーマン・スラッシュ・メタルのビッグ4の一角を担うバンドと見なされている。「ジャーマン・スラッシュ三羽ガラスの次のポジションに位置するバンド」との意見もあるにはあるが、バンドの初期から現在に至るまで、音楽面での大きな転向やバンドの活動停止/解散などを一切経てこなかった彼らこそが、ドイツ産スラッシュ・メタルというジャンルでは最も信頼のおけるバンドであり続けてきたと言えるかもしれない。1982年にAVENGERとして活動を開始、同年にVORTEXに改名したが、それも束の間、1983年には陶器や金属で出来たビール・ジョッキを意味するドイツ語、タンカードと改名した。

そのバンド名が表わすとおり、メンバー達は揃いも揃って大酒飲み。アンドレアス“ゲッレ”ジェレミア(ヴォーカル)、アクセル・カッツマン(ギター)、ベルナルド・ラップリッチ(ギター)、フランク・トールワース(ベース)、オリヴァー・ウェルナー(ドラムス)という5人での活動開始だったが、1986年、父親から節酒を命じられたベルナルドに代わってアンディ・バルガロプロスが加入、地元『Noise Records』よりアルバム「ZOMBIE ATTACK」でデビューを果たした。NWOBHM、ハードコア・パンク、スラッシュ・メタルから強く影響を受けた彼らの音楽は、当時の日本の輸入盤店でも話題となり好セールスを記録した。

1989年にドラマーがオリヴァーからアルナルフ・タンに、1994年にはそのアルナルフからオラフ・ズィセルに交代、ギター・パートもツインからシングルに変わるなどラインナップの変遷は多かったが(現在のギタリストのアンドレアス“アンディ”グートヤーは2000年に加入)、1987年発表の2ndアルバム「CHEMICAL INVASION」以降、下記のアルバムをコンスタントなペースでリリースしてきている。

このたび発売となるタンカードにとって通算17作目『ワン・フット・イン・ザ・グレイヴ』は、「A GIRL CALLED CERVEZA」以来の付き合いとなるドイツ『Nuclear Blast』からの3枚目のオリジナル・アルバム。音楽面では従来のものよりもシリアスでヘヴィなものとなっており、歌詞の面では宗教、ソーシャルメディア、メタル讃歌、米国の新大統領、政情不安なシリアの状況、お馴染みのビール讃歌、そしてビール製造業者の視点から見た政治と企業の癒着や環境問題等々、実に多岐に渡るテーマが扱われている。バンドの35周年を祝うに相応しい痛快で鮮烈な仕上がりはスラッシュ・メタル・ファンから大歓迎されること確実だろう。

【メンバー】
アンドレアス“ゲッレ”ジェレミア(ヴォーカル)
アンディ・グッチャー(ギター)
フランク・トールワース(ベース)
オラフ・ジゼル(ドラムス)


MISS MAY I / ミス・メイ・アイ / SHADOWS INSIDE / シャドウズ・インサイド

MISS MAY I ミス・メイ・アイ

SHADOWS INSIDE / シャドウズ・インサイド

CD(4) 2,484円(税込)

【国内盤】
【2017年6月2日発売】
<こちらの商品は世界同時発売となります。>


米国オハイオ出身の新世代メタルコア・バンド、ミス・メイ・アイが遂に日本デビュー!屈強かつオールド・スクールなメタルコアから実体験をもとにしたメロウな楽曲を収録した6thアルバム『シャドウズ・インサイド』リリース決定!

ミス・メイ・アイは、メンバーが高校生だった2006年に結成。その2年後には平均年齢18 歳という若さで名門レーベル“RISE RECORDS”と契約を交わした規格外のバンドだ。猪突猛進型のメタルコア・サウンドに、急転直下のドヘヴィなブレイクダウンを炸裂させ、リーヴァイ・ベントンのブルータルな咆哮と、ライアン・ネフのクリーン・ヴォーカルでまとめ上げるスタイルを早くから確立し人気を博している。

ミス・メイ・アイの日本盤がリリースされるのは6作目にして初めてのことだが、日本でのライヴ経験は豊富だ。2014年4月にCROSSFAITHとCOLDRAINという日本を代表するラウドアクトと共に東名阪、さらに札幌、仙台から福岡まで全9都市をOUTBURN TOUR 2014でサーキット、さらに同年11月にKNOTFEST JAPAN 2014で再来日を果たしている。ミス・メイ・アイは日本盤未発売のバンドとしては異例の認知度を誇るバンドなのだ。
 
これまでの作品を振り返ると、ジョーイ・スタージスをプロデュ−サーに迎え、怖いものなしの漲る自信、若さを武器に、勢いとエネルギーを発散させた野心的サウンドを誇るデビュー作『Apologies Are For The Weak』(2009 年)。その後、Warped Tourをはじめとした精力的なツアー活動を行い、叩き上げで強固なファンベースを築き上げながら地力を付け、楽曲のクオリティが向上した2作目『Monument』(2010年/全米76位)、プロデューサーにMachineを招聘した『At Heart』(2012年/全米32位)、名匠テリー・デイトを迎え、これまで築いたスタイルからの変化を求めた『Rise of the Lion』(2014年/全米21位)、さらに原点回帰ともいえるアグレッションを取り戻した『Deathless』(2015年/全米49位)までコンスタントに作品を発表し、安定したチャート成績を残している。

過去5作品のうち、ジョーイ・スタージスが3作品を手がけ、マシーン、テリー・デイトといった実力派のプロデューサーも適材適所に起用している。この人選も作品を語る上での注目ポイントで、今作はジョーイの元を再び離れ2人のプロデューサーを起用。演奏パートのプロデュースにはBORN OF OSIRIS、ERRA、POLYPHIA、WE CAME AS ROMANS、OF MICE AND MENなどの作品を手がけるNick Sampson、ヴォーカル・パートのプロデュースにはEMMURE、CROWN THE EMPIRE、YOUNG GUNSの作品を手がけたWZRDBLDが担当している。これは作品のクオリティに一切の妥協を許さないバンドの姿勢の表れといえる。

6作目となる『Shadows Inside』は、これまで通りの屈強かつオールド・スクールなメタルコアを鳴らしつつも、過去のアルバムでは聴くことのなかったメロウな楽曲が強い印象を残す作品だ。これは、ベース・プレイヤー兼クリーン・ヴォーカル担当のライアン・ネフの失恋が作品に大きな影を落としている。長年連れ添った彼女との別離を歌う「クロール」、「デス・ノウズ・マイ・ネーム」は、従来のメタルコアのスタイルというよりオーセンティックなメタルのダイナミズムを持つ。メタルコア以外のファン層にも十分アピールできる新鮮な魅力を持つのも今作の特徴だ。もちろん、アルバムの幕を開ける「シャドウズ・インサイド」をはじめ“MMI印”がクッキリと刻まれた突進力抜群でスラッシーな楽曲も収められている。
過去の例にないほど制作期間を設け、手間暇を惜しまずにたどり着いたという6作目は、“自分たちに正直な”作品に仕上がったとフロントマンのリーヴァイは語る。まだ20代後半ながら、苦難の道のりを乗り越えてきた男たちの溢れ出る感情の結晶がここに完成した。さらなる可能性を感じる手応えのある作品で、ミス・メイ・アイが本格的日本デビューを果たす!

【メンバー】
リーヴァイ・ベントン(ヴォーカル)
ジャスティン・オフデムケンプ(ギター)
BJ・ステッド(ギター)
ライアン・ネフ(ベース/ヴォーカル)
ジェロド・ボイド(ドラムス)


WEDNESDAY 13 / ウェンズデイ13 / CONDOLENCES / コンドレンセス

WEDNESDAY 13 ウェンズデイ13

CONDOLENCES / コンドレンセス

CD(4) 2,700円(税込)

【国内盤】
【2017年6月2日発売】
<こちらの商品は世界同時発売となります。>

ウェンズデイ13史上最もヘヴィなアルバム『コンドレンセス』完成!ハード・ロック、スラッシュ、デスまで多種多様な要素が詰め込まれたホラー・メタルの真骨頂!【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

Wednesday 13、本名ジョセフ・プールはノース・カロライナ出身のヴォーカリスト。元々はFRANKENSTEIN DRAG QUEENS FROM PLANET 13というホラー・パンク・バンドのヴォーカリストであった彼だが、その名を一躍有名にしたのはマーダードールズでの活躍だろう。02年、当時スリップノットのドラマーであったジョーイ・ジョーディソンによるスーパー・プロジェクトとして大きな話題となったマーダードールズ。そのヴォーカリストに抜擢されたWednesday 13は、一夜にしてスターとなったのである。マーダードールズが一旦活動停止をした04年、彼はWednesday 13名義での活動をスタート。

Wednesday 13のスタイルはマーダードールズ同様、しばしばホラー・パンクと形容される。Wednesday 13は、いわゆるホラー・パンク的なサウンドと、キッスやアリス・クーパー、トゥイステッド・シスターといったシアトリカルな要素を持つハード・ロック、さらにはグルーヴ・メタル的要素を混ぜ合わせたスタイルを得意としてきた。パンクとメタル、どちらが前面に出ているかは、アルバムによってまちまちであった。

 結論から言ってしまえば、『コンドレンセス』は100%メタルのアルバム。間違いなくWednesday 13史上最もヘヴィな作品である。本作についてWednesday 13本人が「パンク・ロックのフィーリングは完全になくなった」と明言しているのだから、故意にメタルに仕上げたというだ。やはりマーダードールズにおける活動、ジョーイ・ジョーディソンなどからの影響も大きかったのだろう、ここ10年ですっかりメタルヘッドになったというWednesday 13は、自分のバンドのスタイルを、ホラー・パンクからホラー・メタルへと「進化」させたと断言する。

 『コンドレンセス』は「仰々しさを抑えた、よりシリアスでダークな作品」である、とWednesday 13は語る。アルバムのタイトルからして、Condolences=哀悼の言葉、だ。パンク・ロックのフィーリングが消え、完全にメタル・バンドとなったWednesday 13だが、決してその音楽スタイルが単調になったというわけではない。ノリのよいハード・ロックからグル―ヴィーなもの、スローなものからスラッシュからデスまでと、その射程範囲は広い。中でも7分に渡るタイトル曲は、そのハイライトだろう。「死はお前の運命、お悔やみ申し上げます」と、死についてスローにアトモスフェリックに、そしてドヘヴィにシリアスに語られるこの曲こそ、Wednesday 13が作り出すホラー・メタルの真骨頂である。

 『コンドレンセス』は、Wednesday 13やマーダードールズのファンはもちろん、エクストリーム・メタル・ファンなら誰もが楽しめるヘヴィ、そしてグル―ヴィーな作品。ホラー・マスターによるホラー・メタルの真髄を、ぜひ体験してみて欲しい。


【メンバー】
ウェンズデイ13(ヴォーカル)
ローマン・サーマン(ギター)
ジャック・タンカズリー(ギター)
トロイ・ドーブラー(ベース)
カイル・カストロノヴォ(ドラムス)


OCEANO / REVELATION<PAPERSLEEVE>

OCEANO

REVELATION<PAPERSLEEVE>

CD(4) 1,620円(税込)

【輸入盤】
驚愕の獰猛性に満ちたヘヴィネス…! 
シカゴが生んだデスコア・シーンの重鎮、OCEANO(オセアノ)。人類の物とは思えないほどの凶暴なグロウル・ヴォーカルとひたすら重量級ヘヴィネスを追求し極める彼らが、あのSumerian Recordsと契約を交わし、同レーベル移籍後初となる最新作を完成させた。重く凶暴な獰猛性が牙をむくこの音像に、あなたは耐えられるか…!?

◆2006年にイリノイ州で産声を上げた超重量級デスコア・アクト、OCEANO。圧巻の迫力を持って地を這うかのようなグロウルと全てを切り裂くかのような絶叫を行きかいながら獰猛性を吐き出す、褐色のヴォーカリストAdam Warrenをフロントに擁する彼らが、一筋縄ではいかない独自のヘヴィネスを吐き出すバンドが多く所属するSumerian Recordsに移籍し、同レーベルより初となる通算5作目の最新作を完成させた…!

◆2009年にEaracheよりアルバム『DEPTHS』でデビューを果たして以降現在までに4枚のアルバムを発表してきた彼ら。何度もメンバー・チェンジを繰り返しながら活動してきたのだが、そのスタイルと凶暴性は一貫して変わることなく、アルバムを発表する毎にその獰猛性を際立たせたサウンドで、もはや重鎮とも言うべき存在感を持つバンドとなっている。2015年に発表した前作『ASCENDANTS』は全米ハード・ロック・チャート14位にランク・イン、アンダーグラウンド・シーンから一気にオーヴァーグラウンドへとその歩みを進めていく。

◆ひたすら極悪なデスコア・サウンドを追求する硬派なこのOCEANOの魅力は、ハードコアにも通じる疾走感とブレイクダウンを交互に繰り出しながらひたすら超重量級ヘヴィネスを追求するそのスタイルだ。その凶暴な獰猛性が渦巻く彼らのサウンドをさらに決定づけているのが、黒人フロントマン、Adam Warrenの存在だろう。その圧巻の体格から繰り出されるヴォーカルは、そこらの軟弱なグロウル・ヴォーカルを一掃してしまうほどの力と説得力を持ち、人の物とは思えないほどに地を這うグロウルともはや断末魔の絶叫にも似たシャウトを織り交ぜながら、バンドが鳴らす究極のヘヴィネスにさらなる凶暴性と暴力性を持ち込んでいるのだ。

◆この最新作ではSumerian Records的なDjentの要素も取り入れているが、その流れに巻き込まれることなく、自らの凶暴性でずたずたにして取り込んでいる所が、彼らの一貫性した強靱な精神を強く感じさせてくれている。また、アートワークは前作同様、BLOODBATHやCATTLE DECAPITATION、SIX FEET UNDERやLAMB OF GODのアートワークを手掛けるシアトル出身のダーク・ホラー・アーティスト、Dusty Petersonが手掛けており、サウンドの凶暴性/獰猛性を見事にアートワークでも表現されている。

※メーカー・インフォより




NEOBABEL / ネオバベル / GUARDIAN OF HERITAGE  / ガーディアン・オブ・ヘリテイジ

NEOBABEL ネオバベル

GUARDIAN OF HERITAGE / ガーディアン・オブ・ヘリテイジ

CD(4) 500円(税込)

【国内盤】
2017年5月より活動開始、関西発メロディック・パワー・メタル・バンドNEOBABELの1stシングル。NEOBABELは元Last Day DreamのSEIJIがギター・ボーカルを執る若手4ピース・バンド。ジャーマン・メタル・テイスト漂うオーセンティックなサウンドが特徴的な本作を引っ提げ、ジャパニーズ・メタル・シーンへ名乗りを上げた。


【お問い合わせ】
ディスクユニオン 渋谷パンク・ヘヴィメタル館
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 5F
営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
TEL:03-3461-1121

e-mail:dp2@diskunion.co.jp

友だち追加数

Share

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

diskunion渋谷
パンク・ヘヴィメタル館


〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-7
アンテナ21ビル5F

tel:03-3461-1121
e-mail: dp2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル
0120-068-191

open 11:00 - close 21:00
(日・祝 20:00 close)
=365日・年中無休!!=

>>access
>>shop news

ヘヴィメタル CD・レコード
当店で高価買取!




■JUDAS PRIEST高価買取リスト


PUNK/HARDCORE CD・レコード
当店で高価買取!

ぜひ当店へお売り下さい!


JAPANESE HARDCORE RECORD高価買取致します!


■Oi! Oi! Skinheads!! RECORD WANTLIST



■Oi! Oi! Skinheads!! CD WANTLIST


11/1更新 PUNK 今月の高価買取アイテム!!!


【PUNK担当オススメの1枚!!】
月刊特集「俺の~シリーズ」

買取のご案内


店舗買取

買取ご希望商品を、本人確認書類と一緒にディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にお持ちください。
査定終了次第その場で現金でお支払いさせていただきます。

■ご用意いただくもの

(1)お売りいただくお品物
(2)ご本人確認書類

STEP01
ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にご来店ください

お近くのディスクユニオンにご来店ください

「買取ご希望のお品物」と「ご本人確認書類」をお持ちください。
買取のお持込は、お近くの買取センター/各店にて受け付けております。

STEP02
買取受付

買取受付

店内受付カウンターにてお持ちの点数を確認し、お品物をお預かりいたします。
査定終了見込みのお時間をお知らせいたします。

STEP03
査定結果のお知らせ

査定結果のお知らせ

専門知識豊富なスタッフが1点1点丁寧に査定をして明細を発行します。

買取査定表(サンプル)はこちら

金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いします。
ご満足いただけないお品物は単品ごとにキャンセルも可能です。

宅配買取

50年の中古査定実績。CD・レコードの買取は信頼のディスクユニオンにおまかせください。

大量にお売りいただける場合は、当買取センターの便利な宅配査定をご利用ください!



まずは、電話または、Eメールにてお問い合わせください!
◆宅配買取専用フリーダイヤル:
0120-068-191

◆買取専用Eメール:
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp


をプリントアウトして



必要事項を記入して



お売りいただく商品を同梱していただいて



電話で宅急便を依頼
(送料はもちろん無料!)



店舗に届いたら1点1点査定して



お支払いは現金か振込みでスムーズ



HEAVY METAL、PUNK/HARDCOREはぜひ当店へお売り下さい!
廃盤・レア盤以外も専門店ならではの高価買取!!!

TWITTER UPDATE

PUNK / HARDCORE
★★★CD・レコード高価買取★★★

パンク・ハードコアの買取は専門店の当店へ!

カウンター