ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館

PUNK/HARDCOREとHEAVY METAL/HARD ROCKの2つのジャンルの専門店! 渋谷で最もウルさく過激な音楽を取り扱っている専門店です!世界中の地下シーンの音楽があなたをお待ちしています! 場所は、渋谷宇田川町交番前 disk union渋谷5Fです。

2017年6月22日(木) METAL新譜CD入荷情報!

RIVERDOGS / リヴァードッグス / CALIFORNIA / カリフォルニア

RIVERDOGS リヴァードッグス

CALIFORNIA / カリフォルニア

CD(4) 2,700円(税込)

【国内盤】
【2017年6月23日発売】
ヴィヴィアン・キャンベル参加!贅肉を削ぎ落としたストレートでシンプルな演奏の上で、ソウルフルなヴォーカル&フックの効いたギターフレーズが躍動する!
リヴァードッグスの魅力が存分に炸裂する6年ぶり4作目のスタジオ・アルバム『カリフォルニア』!
ハートウォーミングな極上ハード・ロック・サウンドは健在!
【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】

日本先行発売予定

世界的な人気バンドであるデフ・レパードのギタリスト、ヴィヴィアン・キャンベルは、並行してラスト・イン・ライン、そしてこのリヴァードッグスでも音楽活動を行っている。

 北アイルランド、ベルファスト出身のギタリスト、ヴィヴィアン・キャンベルは1978年にスウィート・サヴェージを結成し、1981年にシングル「テイク・ノー・プリズナーズ」など2枚のシングルを自主制作でリリースしてキャリアをスタートさせる。1983年にはブラック・サバスを脱退したロニー・ジェイムス・ディオが新たに結成したバンド、ディオに加入。3枚のオリジナル・アルバムに参加して、一躍ギターヒーローとなる。1987年にはホワイトスネイクの「スティル・オブ・ザ・ナイト」のMVに出演し、エイドリアン・ヴァンデンバーグとのツイン・ギター編成でツアーに参加するも、レコーディングには不参加のままバンドを脱退する。ちょうどその頃、リヴァードッグスのプロデュースを依頼されたヴィヴィアンは、最終的にこのバンドのギタリストして参加することになった。

 贅肉を削ぎ落としたシンプルでストレートな質感のハード・ロックが、リヴァードッグスのサウンドである。デビュー作『リヴァードッグス』が発表されたのは1990年のこと。当時のロック・シーンは“バック・トゥ・ルーツ”を志向するミュージシャンが続出しており、リヴァードッグスの音楽性はそんな時代の空気が反映されたかのようなロックを演奏するバンドだった。このサウンドに感化されたヴィヴィアンは加入を決意。プレイスタイルも初期のピッキングハーモニクスを多用した荒々しいプレイからやや落ち着いたスタイルに移行、懐の深さをみせた。アルバムの評判も良く、2004年にはリマスター再発されており、今なお傑作として語り継がれている。

ところがヴィヴィアンはバンドをすぐに脱退、ルー・グラム(元フォリナー)と共にシャドウ・キングを結成し、アルバムを1枚リリースする。1992年からデフ・レパードのツアーに参加した後、正式メンバーとなり現在に至っている。ヴィヴィアン脱退後のリヴァードッグスは、『Absolutely Live』(1992)、『Bone』(1993)をリリースするも、活動は縮小し、自然消滅となった。しかし2003年、リヴァードッグスのメンバーが再び合流。リリースまでの時間はかかったが、2011年には『World Gone Mad』を発表。そして通算4作目のスタジオ・アルバムとなる最新作『カリフォルニア』が発表された。本作におけるバンドのラインナップは、あの傑作1stアルバムのレコーディング時の4人だ。

ベースのニック・ブロフィーはアメリカのミキサー、エンジニア、プロデューサー、ソングライターとして、数多くの作品に関わっている人物だ。有名なところでは、ローリング・ストーンズの『フォーティー・リックス』やアヴリル・ラヴィーンの大ヒット作『レット・ゴー』等を担当している一流のスタジオ職人。もちろん、本作のプロデュースも手掛けている。ドラムのマーク・ダンゼイセンは1992年にアメリカのハード・ロック・バンド、リトル・シーザーで演奏した後、1994年にギルビー・クラーク(ガンズ・アンド・ローゼズ)と共にレコーディングとツアーを行ったことがあり、その他にもTVコマーシャルのプロデュースや楽曲の制作に携わっているミュージシャンだ。そしてヴォーカリストのロブ・ラモス。ソロ作品も多い彼の歌の素晴らしさは、リヴァードッグスのもうひとつの魅力である。乾いたアメリカの風、大地を感じさせる歌声に、アイルランド出身のヴィヴィアンのギターから滲み出てくる哀愁のフレーズが絡み合う。このコンビネーションがリヴァードッグスのオリジナリティを創り出している。

この最新作『カリフォルニア』でも、ソウルフルでハートウォーミングなロブのヴォーカル、ヴィヴィアンによるフックのあるフレーズが今回も随所で効いている。長く聴き続けたくなる作品に仕上がった。

【メンバー】
ヴィヴィアン・キャンベル(ギター/ヴォーカル)
マーク・ブロフィー(ベース/キーボード/ヴォーカル)
ロブ・ラモス(ヴォーカル/ギター)
マーク・ダンゼイセン(ドラムス/ヴォーカル) 


EZOO (HARD ROCK) / FEEDING THE BEAST / フィーディング・ザ・ビースト

EZOO (HARD ROCK)

FEEDING THE BEAST / フィーディング・ザ・ビースト

CD(4) 2,700円(税込)

【国内盤】
【2017年6月23日発売】
※6/16 13:00以降のご注文分は、発売日翌日以降のお届けとなります。あらかじめご了承下さい。

グラハム・ボネットが参加するニュー・プロジェクト始動!イタリアのスーパー・ギタリスト、ダリオ・モロという強力なタッグ・パートナーを得て、正統派ハード・ロック・サウンドを徹底追求した注目の一作!日本盤限定ボーナストラックにはレインボーの名曲「オール・ナイト・ロング」収録!

ハード・ロック界の最強ヴォーカリスト、グラハム・ボネットは2017年3月にグラハム・ボネット・バンド&アルカトラスとして来日公演を行い、絶好調のヴォイス&シャウトを満員の会場に響き渡らせ、日本のオーディエンスを大いに驚かせた。そんな彼の新プロジェクトは、イタリアの人気ギタリストにしてテクニシャン、ダリオ・モロと組んだプロジェクト、EZOOだ。
ハード・ロック・ヴォーカリストとしてのグラハム・ボネットの伝説は1979年から始まった。レインボーのリッチー・ブラックモアに見出されバンドに加入、偉大なヴォーカリストであったロニー・ジェイムズ・ディオの穴を見事に埋め、大幅なセールスアップに貢献。彼がレインボーに在籍したのは1979年4月から約1年半だけであり、アルバム『ダウン・トゥ・アース』一枚のみの参加であったが、その貢献度はあまりにも大きいものだった。以後、グラハムは人気シンガーとなり、マイケル・シェンカー、イングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイ等と活動していくことで、数多くの名曲を生み出していく。

パートナーのダリオは1981年にヘヴィ・メタル・バンド、Crossbonesへの加入からミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせた人物。地元でライヴを繰り返し、地道に国内をサーキットしていった結果、Crossbonesはイタリア国内である程度の成功を収めることになる。ダリオはバンド脱退後にイタリアのヴェンティミーリアに自身のレコーディング・スタジオ「Damage、Inc」を開設。ここでラクーナ・コイル、アナセマ、スカイクラッド、Aldo Giuntini Projectといったアーティストの作品でプロデューサー/エンジニアとして数多くの仕事をこなしている。 
そしてダリオは1989年に元ブラック・サバスのトニー・マーティンと出会い、1999年に『The Cage』を発表。このプロジェクトでは『The Cage 2』(2002)と『The Third Cage』(2012)を3枚の作品をリリースしている。最近ではトニーのライヴ・バンド、ヘッドレス・クロスにも参加。さらに、その間には元ディープ・パープルのグレン・ヒューズと組んでヴードゥー・ヒルを2000年に始動させると、『ヴードゥー・ヒル』(2000)、『ワイルド・シード・オブ・マザー・アース』(2004)、『ウォーターフォール』(2015)と3枚の充実した作品を制作。グレン・ヒューズを再びハード・ロックの方向へと導き、多くのファンを喜ばせた。
そしてダリオは再び伝説のヴォーカリスト、グラハム・ボネットと組むことになった。二人の歴史は意外に古く、2001年の終わり頃にグラハム・ボネット&ドン・エイリーの英国ツアーにダリオが参加したことから始まる。そして2004年初め、ダリオとグラハムによるプロジェクト、Elektric Zooが結成され、4月にヨーロッパをツアーしている。この時のプロジェクトが、今回のEZOOとなって実を結んだということになる。
ダリオ・モロがハード・ロックを好むファンの唸るツボを熟知しているということは、これまでの仕事ぶりからもわかるはず。非常にバランスの良い音楽家で、今作でもその才能がいかんなく発揮されている。エモーショナルで、時折トリッキーなプレイが顔を出すテクニックはもちろん、コンポーザーとしても優秀であり、ヴォーカリストのポテンシャルを最大限に引き出すセンスを持っている。
そんな超強力なパートナーを得たグラハム・ボネット。2人の狙いはクラッシクなハード・ロック・サウンドの魅力を現代的な手法で蘇らせることにある。本作では傑作『ダウン・トゥ・アース』からのヒット・シングル「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」、「アイズ・オブ・ザ・ワールド」が再演され、さらに日本盤ボーナストラックとして「オール・ナイト・ロング」が収録されている。

【メンバー】
グラハム・ボネット(ヴォーカル)
ダリオ・モロ(ギター)


GRAHAM BONNET BAND / グラハム・ボネット・バンド / LIVE...HERE COMES THE NIGHT  / フロンティアズ・ロック・フェスティヴァル2016~ライヴ...ヒア・カムズ・ザ・ナイト<通常盤CD>

GRAHAM BONNET BAND グラハム・ボネット・バンド

LIVE...HERE COMES THE NIGHT / フロンティアズ・ロック・フェスティヴァル2016~ライヴ...ヒア・カムズ・ザ・ナイト<通常盤CD>

CD(4) 2,700円(税込)

GRAHAM BONNET BAND / グラハム・ボネット・バンド / LIVE...HERE COMES THE NIGHT / フロンティアズ・ロック・フェスティヴァル2016~ライヴ...ヒア・カムズ・ザ・ナイト<初回限定盤ブルーレイ+CD>

GRAHAM BONNET BAND グラハム・ボネット・バンド

LIVE...HERE COMES THE NIGHT / フロンティアズ・ロック・フェスティヴァル2016~ライヴ...ヒア・カムズ・ザ・ナイト

CD+BLU-RAY(ブルーレイ)(45) 7,560円(税込)<初回限定盤ブルーレイ+CD>
BLU-RAY(ブルーレイ)(21) 5,940円(税込)<通常盤ブルー・レイ>

【国内盤】
【2017年6月23日発売】
新たな伝説の始まりを目撃せよ!
圧倒的な歌唱力で世界のハード・ロック・ファンを魅了し続けるスーパー・ヴォーカリスト、グラハム・ボネットが、自らの名前を冠した“グラハム・ボネット・バンド”を率いて行った初のライヴ作品!
いまだ衰えぬパワフルな歌声、全身全霊を傾けたパフォーマンスの向こうに、男の魂をみた!
日本先行発売予定。

【仕様】
ブルー・レイ

2014年に音楽活動を再び始動して以来、アメリカ、ヨーロッパ、日本を股にかけて精力的にツアーを行ってきたグラハム・ボネット・バンド。現在でもハード・ロック界においてトップクラスのヴォーカリストである、グラハム・ボネットの歌声は、世界中の多くのファンを魅了し続けている。2017年3月にもグラハム・ボネット・バンド&アルカトラスとして来日公演を行い、日本のオーディエンスを熱狂させたばかりだ。
本作は2016年4月24日、イタリアはミラノで毎年開催されているHR/HMフェス『FRONTIERS ROCK FESTIVAL 2016』の2日目に、グラハム・ボネット・バンドが登場した時のパフォーマンスを収録した作品である。
グラハム・ボネットは“歌うために生まれてきたような男”である。1979年、レインボーのリッチー・ブラックモアに見出され、ロニー・ジェイムズ・ディオの脱退で空いたバンドの穴を、4オクターブの声域で見事に埋めたばかりか、大幅なセールスアップにも貢献したスーパー・ヴォーカリストである。1968年にポップデュオ、マーブルズのメンバーとしてデビュー、レインボー加入までにもソロ歌手としていくつかのヒットを放っていた。しかし彼の声はハード・ロックがもっとも似合っていた。その後もマイケル・シェンカー・グループ、アルカトラス、インペリテリといった人気HR/HMバンドで歌い、数多くの名曲を残してきた。
レインボー時代の「アイズ・オブ・ザ・ワールド」で幕を開ける本作は、MSG 、アルカトラス、インペリテリ、ソロ作品から満遍なく選曲された興奮のセットリストとなっている。レインボーのヒット曲「オール・ナイト・ロング」、「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」、ソロとしてのヒット「孤独のナイト・ゲームス」、マイケル・シェンカー・グループ時代の「ダンサー」、「アサルト・アタック」、アルカトラスの「アイランド・イン・ザ・サン」、「ゴッド・ブレスド・ビデオ」、インペリテリの「スタンド・イン・ライン」までが、次から次へと繰り出されていく。ラストの「ロスト・イン・ハリウッド」まで、まったく気の抜けない見事な流れ。さらには、日本盤ボーナストラックで、レインボーの「ラヴズ・ノー・フレンド」が収録されている。
バンドのラインアップはアルバム『ザ・ブック』収録時と同じメンバーだ。特筆すべきは、ブラジル出身のギタリスト、コンラド・ペシナートの存在だろう。これまでグラハムが一緒にやってきたスーパーギタリストたちのプレイを見事に再現するばかりか、独自のテイストを盛り込み、楽曲に新たな息吹を吹き込んでいる。彼はリッチー・ブラックモアとスティーヴ・ヴァイをフェイヴァリット・ギタリストに挙げており、グラハムのバンドで喜々として躍動するプレイを聴かせている。

ベーシストは紅一点のベス=エイミー・へヴンストーン、ドラムスはウォーロード~フェイツ・ウォーニングのマーク・ゾンダー。そして、キーボードは元アルカトラスの盟友・ジミー・ワルドーだ。彼はアルカトラスの2作品、『ノー・パロール・フロム・ロックンロール』(1983)、『ディスタービング・ザ・ピース』(1985)で、作曲にも関わっている重要メンバー。2016年11月には、プログレッシヴ・ハード・ロック・バンドのニュー・イングランド来日公演にも同行していたので、日本のファンにもお馴染みのミュージシャンだ。

そんな実力派ミュージシャン達をバックに、一切衰えを見せぬグラハムの驚異的な歌唱と名曲群を存分に堪能することのできる、ひたすらパワフルなライヴ作品。ファン必携のアイテムであろう。

【メンバー】
グラハム・ボネット(ヴォーカル)
コンラド・ペシナート(ギター)
ベス・エイミー・へヴンストーン(ベース)
ジミー・ワルドー(キーボード)
マーク・ゾンダー(ドラムス)



ナデシコドール / ヒカリノハネ<CD-R+DVD-R>

ナデシコドール

ヒカリノハネ<CD-R+DVD-R>

CD-R(12) 1,000円(税込)

【国内盤】
ナデシコドール6thシングル。 今までのナデシコドールにはないくらい直球な歌詞と世界観が新鮮な珠玉のバラード。

【仕様】
・CD-R+DVD-R
【お問い合わせ】
ディスクユニオン 渋谷パンク・ヘヴィメタル館
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 5F
営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
TEL:03-3461-1121

e-mail:dp2@diskunion.co.jp

 
友だち追加数

Share

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

学生リスナー"応援"キャンペーン

ヘヴィメタル CD・レコード
当店で高価買取!

■SLAYER高価買取リスト




PUNK/HARDCORE CD・レコード
当店で高価買取!

ぜひ当店へお売り下さい!


現在開催中の「パンク買取保証キャンペーン」


■80'S HARDCORE アナログ高価買取リスト



■UK MELODIC高価買取リスト


8/1更新 PUNK 今月の高価買取アイテム!!!


diskunion渋谷
パンク・ヘヴィメタル館


〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-7
アンテナ21ビル5F

tel:03-3461-1121
e-mail: dp2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル
0120-068-191

open 11:00 - close 21:00
(日・祝 20:00 close)
=365日・年中無休!!=

>>access
>>shop news

【PUNK担当オススメの1枚!!】
月刊特集「俺の~シリーズ」

買取のご案内

店舗買取

買取ご希望商品を、本人確認書類と一緒にディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にお持ちください。
査定終了次第その場で現金でお支払いさせていただきます。

■ご用意いただくもの

(1)お売りいただくお品物
(2)ご本人確認書類

STEP01
ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にご来店ください

お近くのディスクユニオンにご来店ください

「買取ご希望のお品物」と「ご本人確認書類」をお持ちください。
買取のお持込は、お近くの買取センター/各店にて受け付けております。

STEP02
買取受付

買取受付

店内受付カウンターにてお持ちの点数を確認し、お品物をお預かりいたします。
査定終了見込みのお時間をお知らせいたします。

STEP03
査定結果のお知らせ

査定結果のお知らせ

専門知識豊富なスタッフが1点1点丁寧に査定をして明細を発行します。

買取査定表(サンプル)はこちら

金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いします。
ご満足いただけないお品物は単品ごとにキャンセルも可能です。

宅配買取

50年の中古査定実績。CD・レコードの買取は信頼のディスクユニオンにおまかせください。

大量にお売りいただける場合は、当買取センターの便利な宅配査定をご利用ください!



まずは、電話または、Eメールにてお問い合わせください!
◆宅配買取専用フリーダイヤル:
0120-068-191

◆買取専用Eメール:
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp


をプリントアウトして



必要事項を記入して



お売りいただく商品を同梱していただいて



電話で宅急便を依頼
(送料はもちろん無料!)



店舗に届いたら1点1点査定して



お支払いは現金か振込みでスムーズ



HEAVY METAL、PUNK/HARDCOREはぜひ当店へお売り下さい!
廃盤・レア盤以外も専門店ならではの高価買取!!!

TWITTER UPDATE

PUNK / HARDCORE
★★★CD・レコード高価買取★★★

パンク・ハードコアの買取は専門店の当店へ!

ブログ内検索

カウンター