ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館

PUNK/HARDCOREとHEAVY METAL/HARD ROCKの2つのジャンルの専門店! 渋谷で最もウルさく過激な音楽を取り扱っている専門店です!世界中の地下シーンの音楽があなたをお待ちしています! 場所は、渋谷宇田川町交番前 disk union渋谷5Fです。

2017年6月23日(金) METAL新譜CD入荷情報!

MUNICIPAL WASTE / ミュニシパル・ウェイスト / SLIME AND PUNISHMENT / スライム・アンド・パニッシュメント

MUNICIPAL WASTE ミュニシパル・ウェイスト

SLIME AND PUNISHMENT / スライム・アンド・パニッシュメント

【ディスクユニオン・オリジナル特典付】

CD(4) 2,484円(税込)

【ディスクユニオン・オリジナル特典
・缶バッジ
(ジャケット・デザイン / サイズ: / サイズ:37mm×37mm 正方形)

※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。

【国内盤】
【2017年6月23日発売】
<こちらの商品は世界同時発売となります。>
お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)

ハードコアの勢いとメタルのテクニカル要素を併せ持ったスラッシャー達が帰ってきた!昨今のスラッシュ・メタル・リヴァイヴァル・ムーヴメントの火付け役となったミュニシパル・ウェイスト、堂々のニュー・アルバム『スライム・アンド・パニッシュメント』完成!鋭いリフが再びシーンを切り刻む!

アメリカ合衆国ヴァージニア州リッチモンドにて2000年に結成されたスラッシュ・メタル・バンド、ミュニシパル・ウェイスト。D.R.I.、スーサイダル・テンデンシーズ、コロージョン・オブ・コンフォーミティ、アティテュード・アジャストメント、ニュークリア・アソルトといった80~90年代のスラッシュ/クロスオーヴァー・メタルに強い影響を受けながらも、独特の感覚でアップデートしたサウンドによって、彼らは新世代スラッシュ群の中でも際立った存在となった。

ギターのライアン・ウェイストがゴミ収集車の車体に書かれた文字からバンド名を決めたというミュニシパル・ウェイスト。彼らの最大の特徴はパンクの衝動性とメタルの技巧性が綯い交ぜとなって生み出される疾走感であろう。ほとんどの楽曲が1分から2分台のファスト・チューンばかりで、切れ味鋭いリフが立て続けに繰り出されていけば、どのアルバムもあっという間に聴き終えてしまう。単純に速い曲ばかりなのかというとそんなことはなく、巧妙に緩急がつけられており、練り込まれた楽曲に彼らが絶妙のセンスを持ったバンドであることがわかる。昨今のスラッシュ・メタル・リヴァイヴァル・ムーヴメントの火付け役となった彼らが、明らかに同世代のスラッシャー達から頭ひとつふたつ飛び出ているように感じるのは、この辺りのバランス感覚にあるのではないか。

本作はミュニシパル・ウェイストのNuclear Blast移籍第2弾にして、通算6枚目のアルバム。彼らの地元リッチモンドのBlaze of Torment Studiosで、ベーシストのランド・フィルが初めてレコーディング・エンジニアを担当した。そして、ミキシングとマスタリングを担当したのはBill Metoyer。彼はメタル・ブレイド・レコードの元副社長にして、80年代から現在に至るまで、多くの作品に様々な形で関わってきた重要人物だ。例えば、スレイヤーの『ショウ・ノー・マーシー』(1983)や『ヘル・アウェイツ』(1985)のミキシング、他にもW.A.S.P.、リジー・ボーデン、ダーク・エンジェル、トラブル、アーマード・セイント等々、挙げ出したらキリがないほど数多くの作品でエンジニアやプロデュースを担当しているUSメタル界の重鎮である。

2003年に1stフル・アルバム『WASTE 'EM ALL』リリース後にメンバーチェンジをして以来、不動のラインナップで活動してきた4人であるが、今作から5人編成となった。新メンバーのギタリスト、ニック・プーロスは同郷の仲間。ライアン・ウェイストが他に参加している古き良きメタル・サウンドを追求したVoltureと、3人組スピード・メタルBatという2つのバンドでも一緒に活動している人物なので、コアなファンにはお馴染みである。他のメンバーは変わらずトニー・フォレスタ(ヴォーカル)、ランド・フィル(ベース)、デイヴ・ウィッテ(ドラムス)。確かな演奏は、本作でも変わらず安定している。

アルバムのアートワークはAndrei Bouzikov。多くの新世代スラッシュ・メタル・バンドのアートワークを担当している彼の作風は、ひとつのシーンを象徴している。ミュニシパル・ウェイストでは4作連続でアートワークを手掛けており、トキシック・ホロコーストとのスプリットEP『Toxic Waste』も彼が担当していた。
スラッシュ・メタルとハードコア・パンクの要素を絶妙にブレンドしてきた彼らの今作は、アルバム・ジャケットのアートワークからも匂ってくるように、ややハードコア寄りの曲調となっている。それは、もしかしたら混沌とした今のアメリカの空気が反映されているのかもしれない。とはいえ、ツインギターの見せ場もしっかりと作られていたりする辺りはさすが。正統派メタルのツボも熟知している彼らの、すべての楽器が一体となって聴く者を刺激する彼らのストレートなグルーヴは、さらに進化を遂げたと言えよう。

【メンバー】
トニー・フォレスタ(ヴォーカル)
ライアン・ウェイスト(ギター/ヴォーカル)
ニック・プーロス(ギター)
ランド・フィル(ベース/ヴォーカル)
デイヴ・ウィッテ(ドラムス)


PRISTINE / プリスティン / NINJA / ニンジャ<完全限定スペシャル・プライス盤>

PRISTINE プリスティン

NINJA / ニンジャ<完全限定スペシャル・プライス盤>

CD(4) 1,944円(税込)

【国内盤】
【2017年6月23日発売】
<こちらの商品は世界同時発売となります。>
お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)


妖艶かつ情熱的な歌唱で聴く者を魅了する女性シンガー、ハイディ・ソルハイムを擁するノルウェーのブルーズ・ロック・バンド、プリスティンが4枚目のフル・アルバム『ニンジャ』でいよいよ日本登場!ソウルフルでパワフルな本格派のサウンドをしかと受け止めよ!

昨今、BLUES PILLSを始めとする女性シンガーをフロントに立てたブルーズ/サイケデリック・ロック・バンド達の活躍が目覚ましい。ここ数年の活動により、ヨーロッパでは既に話題となっているバンドがまた1組、日本デビューを果たすことになった。そのバンドとはノルウェー出身の5人組、プリスティンだ。

プリスティンは2006年、北極圏内のトロムス県の都市トロムソにて結成された。元々はポップ・バンドとしてのスタートだったが、紅一点の女性シンガー、ハイディ・ソルハイムが70年代スタイルのブルーズ・ロックやハード・ロックにかねてより深く傾倒していたため音楽面での軌道修正を図ることになり、2010年から2011年にかけて現在のスタイルへと辿り着いた。ちなみにハイディはプロデューサーやシンガー・ソングライターとしてのキャリアもあり、2012年にはソロ・アルバム「FOUND」を発表している他、子供向けの音楽を演奏するバンド、DINOSAUSでも活動を行なうなど多彩な音楽的才能を発揮している。

プリスティンとしては2011年にファースト・アルバム「DETOXING」を『Blues News Records』よりリリース。ジャニス・ジョプリンやアレサ・フランクリンを彷彿とさせる、力強くも妖艶なヴォーカルを中心に据えた本格派のブルーズ・ハード・ロックを聴かせるこのアルバムは、この手の音楽を好むマニア層の間で話題を呼んだ。2013年には彼ら自身のレーベル『Pristine Music Production』よりセカンド・アルバム「NO REGRET」を、2016年には同じく『Pristine Music Production』よりサード・アルバム「REBOOT」をリリースしている。「REBOOT」を発表した頃には、彼らの名前は北欧やヨーロッパ大陸はもとより、海を隔てたアメリカの熱心な音楽ファンの間にも浸透していた。その「REBOOT」発表に伴い、彼らはスウェーデン/アメリカ/フランスの多国籍バンドであり、音楽面でも共通点の多いBLUES PILLSのサポート・アクトとしてのツアーに出発、ヨーロッパ大陸を巡演した。その機会をきっかけとして、彼らは世界最大のヘヴィ・メタル・レーベルの1つである『Nuclear Blast』と契約を結び、通算4枚目のアルバム制作に取り掛かった。

2017年、彼らは日本デビュー作となる最新作「NINJA」を完成させた。タイトルの「NINJA」とは奇しくも日本の忍者から採られているが、曲としてはラブ・ソングであり、「掛け替えのない人物を見つけ出すにはninja-skillを研ぎ澄ませなければならない」といったことが歌われている。

レンジの広い歌声で歌われるソウルフルでパワフルなヴォーカル、ブルーズ・ロックならではの土着性と洒脱さを兼ね備えたギター、ダイナミックにもシンプルにも展開するタイトでソリッドなリズム・セクションで構成されるプリスティンの本格的なハード・ロック・サウンドはここ日本の音楽愛好家を魅了すること確実だろう。なお、バンド名のPRISTINEとは「昔ながらの」「原始的な」といった意味合いを持つ形容詞であり、「不変の」「完全無欠な」「純粋な」「損なわれていない」というニュアンスも含んでいる。彼らの真っ正直で混じりけのない音楽スタイルを描写するためにはまさにうってつけの呼び名だと言えるだろう。

【メンバー】
ハイディ・ソルハイム(ヴォーカル)
エスペン・エルヴェルム・ヤコブセン(ギター)
オースムン・ウィルター・エリクソン(ベース)
ベンジャミン・モルク(ハモンド・オルガン)
キム・カールセン(ドラムス)

【仕様】
・完全生産限定スペシャル・プライス盤


FINAL EXIT (JPN) / Mr.Exshit a GO-GO!!!

FINAL EXIT (JPN)

Mr.Exshit a GO-GO!!!

CD(4) 1,080円(税込)

国内盤】
【2017年6月24日発売】
AxCxがEaracheからアルバムをリリースした事で一般的なエクストリームミュージックファンにも知られる事となったノイズグラインドというジャンル。
日本でも90年初期から活動するノイズグラインドがFINAL EXIT。
ショートカットのノイズグラインドの轟音に様々なサウンドをコラージュし目まぐるしく展開していく楽曲。
ライブでは2人の職人芸のような阿吽の呼吸。
グラインドコアシーンでは世界的に知られたバンドで2014年にはチェコのObscene Extreme Festivalに出演。

本作は2016年の北米ツアーの際に限定55枚という超極少で制作され即完売した3インチEP "Mr.Exshit a GO-GO!!!"をFINAL EXIT史上初のワンマンライブに合わせCD化再発。
8曲1分39秒が12センチCDに贅沢に収録。ジャケットも見開き紙ジャケの豪華仕様。限定500枚。

 



OBEY THE BRAVE / MAD SEASON

OBEY THE BRAVE

MAD SEASON

CD(4) 1,728円(税込)

【輸入盤】
生ある限り、全ては試練なり。 
カナダが誇る最強のメタルコア・アクト:OBEY THE BRAVE(オベイ・ザ・ブレイヴ)が、その言葉通り数々の試練を乗り越え、より強靭な姿となって生み落とす通算3作目となる最新作、堂々完成!確固たる信念が宿る強靱なサウンドが、シーンに今襲いかかる…!

◆カナダが誇るデスコア・アクト、元DESPISED ICONと元BLIND WITNESSのメンバーという強力な布陣を擁する正統派メタルコア・アクトOBEY THE BRAVE。それぞれのバンドで鳴らしていたデスコア・サウンドをベースに、そこにポスト・ハードコア的なメタルコア・サウンドを持ち込み、激しさとキャッチーさを同居させることでシーンの中でも抜きんでた存在として知られる彼らが、前作より3年振り、通算3作目となる最新作『MAD SEASON』を完成させた!

◆2012年に名門EPITAPHレーベルよるアルバム『YOUNG BLOOD』でデビューを飾り、2014年にはセカンド『SALVATION』を発表、生々しい獰猛さとアドレナリンが噴出する激しさ、そしてメタリックなサウンドとシンガロング必至のメロディ展開でアンダーグラウンド・シーンを中心に確固たる存在感を見せつけてきた彼ら。THE AMITY AFFLICTIONやWHITECHAPEL、BLESSTHEFALLやMISS MAY Iといった、同じモダン・メタルコア・シーンを代表するアクトたちとツアーを続け、ここ日本にも2度来日公演を行い、各地でファンとの強い繋がりを築き上げてきたのだが、前作に伴うツアー時に2度のメンバー・チェンジを余儀なくされてしまう。

◆しかし彼らは、熱くたぎる信念のもと活動を続けていく。Alex Erian(vo)、John Campbell(g)、Stevie Morotti(dr)というオリジナル・メンバーに加え、Terrence McAuley(g)とCory Wilson(b)という二人の新たな血をバンドに取り入れた彼らは、よりバンドとしての強靭な力を手に入れることとなり、その持ちうる力全てを注ぎ込んで生み落としたのが、この最新作『MAD SEASON』だ。

◆PROTEST THE HEROやPARKWAY DRIVEなどを手掛けるエンジニア、Dean Hadjichristouと、新加入のメンバー、Terrence McAuleyの共同プロデュースという形で制作された今作。重量級のヘヴィ・リズムに巨大なパワー・コードをかき鳴らすギター、そしてフックに満ちた咆哮をメインにしたヴォーカル・ワークで圧巻の完成度を誇るヘヴィ・メタルコア・トラック「Drama」や、ハードコア然とした疾走感とブレイクダウン、そしてギャング・ヴォーカル、そしてキャッチーなコーラス・パートと圧巻のブレイクダウン・パートを縦横無尽に行き交う、モッシュ必至の「On Our Own」と、現在公開されている楽曲を聴いただけでも、その彼らの強靱なサウンドを体感してもらえることだろう。

◆「このアルバムを発売するまでに起こった全ての出来事に、ある意味感謝していると言ってもいい。俺達の信念に試練を与えてくれて、それでもまだこうやって活動し続けられる強さを俺達に与えてくれたんだからな」(Alex Erian)。 
ニーチェが残した「that which does not kill us makes us stronger / 生ある限り、全ては試練」という言葉を体現し、その試練を乗り越えてより強靭な姿となって再びシーンに姿を現すこのOBEY THE BRAVE。その強靭なサウンドと男気に満ちた姿勢は、全メタル・ファンを熱く奮い立たせる力を持つのだ…!

※メーカー・インフォより




SHAPE OF THE NEW SUN / DYING EMBERS

SHAPE OF THE NEW SUN

DYING EMBERS

CD(4) 1,944円(税込)

【輸入盤】
LAMBRETTAのドラマー・Tomas Persicらによって14年に結成されたメロディアス・ロック・バンドの17年発表1stフル・アルバム。
80年代から90年代初頭のメロディアスなハードロックからの影響を強く感じさせるストレートなメロディアス・ハード・サウンドで、エモーショナルかつソウルフルなVoの歌声と深みのあるメロディがマッチしたブリティッシュ・ハードのテイストも感じさせるハイクオリティな作品。派手さこそないものの、SNAKES IN PARADISE、DANMNE NATIONといったあたりのサウンドが好きであれば自身をもってオススメできる一枚。


HUSH / ハッシュ / DEPARTMENT OF FAITH

HUSH ハッシュ

DEPARTMENT OF FAITH

CD(4) 1,944円(税込)

【輸入盤】
過去作品は日本盤もリリースされていたノルウェーのメロディアス・ハードバンド。06年『Mirage』以来、実に11年ぶりの新作となる17年発表4thフル・アルバム。
Kenneth Kristiansen(G/Vo)とPatrick Simonsen(Vo)という当時の中心メンバーは今も健在。前作『Mirage』はモダン・テイストを加えたことで賛否両論となったが、本作では初期2作を彷彿とさせるブルージーなテイストと北欧らしい叙情美を両立させたメロディを聴かせるメロディアス・ハード路線へと回帰。当時よりも全体的にメロディアスな要素を強めたことで曲によってはTREATやBAD HABITなんかに通じる雰囲気もあり。久々の新作にしてバンドの健在っぷりを感じさせる充実の作品に仕上がっている。


【再入荷】
FATE GEAR / OZ -Rebellion-

FATE GEAR

OZ -Rebellion-

CD(4) 2,700円(税込)


★ディスクユニオンオリジナル絵柄ミュージックカード(M∞カード)★
収録内容
・ライブ映像 2017年3月17日目黒鹿鳴館「MEGABULLETS」
・ライブ映像 2017年3月17日目黒鹿鳴館「Winds of Fall」
・未公開アーティスト写真
※特典が無くなり次第終了となります

さらに

★ディスクユニオンオリジナル特典”イベント参加券”付き★

■日時: 2017年7月1日() OPEN 13:30/ START 14:00
■会場: dues新宿 
■内容: ミニライブ&握手&6ショットチェキ撮影会
■出演: 全員予定

<イベント詳細はこちらから>
http://diskunion.net/jp/ct/news/article/2/66011

ガールズ様式美メタルバンドFATE GEARが、待望のセカンド・フル・アルバムをリリース! 
メロディック・パワーメタルからヘヴィロック、ケルト、ジャズなどあらゆる音楽性を吞み込んだ、ガールズ・バンドの枠を超えた大作コンセプトアルバム!

『私の名前はリース、Raise eminent humanoid。誰に作られたワケでもなく、自らここに生まれた。
私には使命がある。かつて人類が残した最後にして最大の遺産Noaと共に、星を創造する。
その為、私自身の意思や感情は必要としていない。』

「劇団わたあめ工場」の舞台「Oz-1526」をイメージした公認コンセプトアルバム。
作演:小野寺真美。オズの魔法使いをモチーフにしたSF作品。


【お問い合わせ】
ディスクユニオン 渋谷パンク・ヘヴィメタル館
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 5F
営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
TEL:03-3461-1121

e-mail:dp2@diskunion.co.jp

友だち追加数

Share

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

PUNK/HARDCORE CD・レコード
当店で高価買取!

ぜひ当店へお売り下さい!


JAPANESE HARDCORE RECORD高価買取致します!


■New York Hardcore Only!CD Want List!



■New York Hardcore Only!Vinyl Want List!


10/1更新 PUNK 今月の高価買取アイテム!!!


diskunion渋谷
パンク・ヘヴィメタル館


〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-7
アンテナ21ビル5F

tel:03-3461-1121
e-mail: dp2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル
0120-068-191

open 11:00 - close 21:00
(日・祝 20:00 close)
=365日・年中無休!!=

>>access
>>shop news

【PUNK担当オススメの1枚!!】
月刊特集「俺の~シリーズ」

買取のご案内



店舗買取

買取ご希望商品を、本人確認書類と一緒にディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にお持ちください。
査定終了次第その場で現金でお支払いさせていただきます。

■ご用意いただくもの

(1)お売りいただくお品物
(2)ご本人確認書類

STEP01
ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にご来店ください

お近くのディスクユニオンにご来店ください

「買取ご希望のお品物」と「ご本人確認書類」をお持ちください。
買取のお持込は、お近くの買取センター/各店にて受け付けております。

STEP02
買取受付

買取受付

店内受付カウンターにてお持ちの点数を確認し、お品物をお預かりいたします。
査定終了見込みのお時間をお知らせいたします。

STEP03
査定結果のお知らせ

査定結果のお知らせ

専門知識豊富なスタッフが1点1点丁寧に査定をして明細を発行します。

買取査定表(サンプル)はこちら

金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いします。
ご満足いただけないお品物は単品ごとにキャンセルも可能です。

宅配買取

50年の中古査定実績。CD・レコードの買取は信頼のディスクユニオンにおまかせください。

大量にお売りいただける場合は、当買取センターの便利な宅配査定をご利用ください!



まずは、電話または、Eメールにてお問い合わせください!
◆宅配買取専用フリーダイヤル:
0120-068-191

◆買取専用Eメール:
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp


をプリントアウトして



必要事項を記入して



お売りいただく商品を同梱していただいて



電話で宅急便を依頼
(送料はもちろん無料!)



店舗に届いたら1点1点査定して



お支払いは現金か振込みでスムーズ



HEAVY METAL、PUNK/HARDCOREはぜひ当店へお売り下さい!
廃盤・レア盤以外も専門店ならではの高価買取!!!

TWITTER UPDATE

PUNK / HARDCORE
★★★CD・レコード高価買取★★★

パンク・ハードコアの買取は専門店の当店へ!

ブログ内検索

カウンター