渋谷|CD・レコード・Tシャツの販売・買取|パンク・ヘヴィメタル館

PUNK/HARDCOREとHEAVY METAL/HARD ROCKの2つのジャンルの専門店! 渋谷で最もウルさく過激な音楽を取り扱っている専門店です!世界中の地下シーンの音楽があなたをお待ちしています! 場所は、渋谷宇田川町交番前 disk union渋谷5Fです。

11/18(土)METAL新品再入荷情報!-国内盤-

KREATOR / クリエイター / GODS OF VIOLENCE / ゴッズ・オブ・ヴァイオレンス<初回限定盤CD+ライヴ・ブルーレイ>

KREATOR クリエイター

GODS OF VIOLENCE / ゴッズ・オブ・ヴァイオレンス<初回限定盤CD+ライヴ・ブルーレイ>

CD+BLU-RAY(ブルーレイ)(45) 4,320円(税込)

【国内盤】
【2017年1月27日発売】
<こちらの商品は金曜発売開始商品となります。>
お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)

クリエイター、4年ぶり14thスタジオ・アルバム『ゴッズ・オブ・ヴァイオレンス』に、2014年ドイツのヴァッケン・オープン・エアのフルライヴ映像&音源を収録した限定盤リリース決定!ここにきて最高傑作と呼ぶに相応しい会心の仕上がりを前にして、世界中のスラッシュ・メタル・ファンが1人残らず快哉を叫ぶこと間違いなし!

【仕様】
CD+ライヴ・ブルーレイ

クリエイターはドイツ出身のスラッシュ・メタル・バンド。旧西ドイツの工業都市エッセンにて1982年に結成された。彼らのアルバムは荒々しく青臭いながらもサウンドの破壊性や攻撃性を高めたこのアルバムによってスラッシュ・メタル・ファンの間で彼らのステイタスは確かなものとなり、精力的なライヴ活動も展開するようになった。ギタリストをもう一人追加し4人編成で制作した3rdアルバム「TERRIBLE CERTAINTY」で、演奏力、作曲能力、プロダクション等あらゆる側面で飛躍的に向上し、彼らはスラッシュ・メタル・シーンのトップランクに食い込んでみせた。

1992年には6thアルバム「RENEWAL」をリリースしたが、そのアルバム・タイトルが示すとおり彼らはこの頃からスラッシュ・メタルの枠にとどまらない多岐にわたる音楽的実験に励むようになった。なお、このアルバムに伴う世界ツアーの一環として、彼らは初の来日公演を行なっている。8thアルバム「OUTCAST」(1997年)には、ミレが通過してきたSISTERS OF MERCY、BAUHAUS、FIELDS OF THE NEPHILIM、THE CUREといったゴシック・ロックの要素を大幅導入していた。そして2001年に発表した10thアルバム「VIOLENT REVOLUTION」では、スピーディーでアグレッシヴなスラッシュ・メタルに回帰したが、80年代のスタイルに単純に戻ったわけではなく、ゴシック路線を追究していた時代の名残とも言えるようなメランコリックなギター・メロディ/ソロがアルバムのそこかしこで聴ける内容となっていた。

2005年に彼らは『THRASH DOMINATION』に出演するために来日。初来日以来、実に13年振りの日本上陸だった。2009年にはライヴ感を重視したサウンドによる12thアルバム「HORDES OF CHAOS」をリリース、この年も彼らは『THRASH DOMINATION』に出演している。2014年には5年振りの来日を果たした彼らは『LOUD PARK』のステージに初登場している。2016年、早くも彼らは来日、やはり『THRASH DOMINATION』に出演している。

2015年から既に新しいアルバムのために曲作りを始めていた彼らは、2016年を迎えるとアルバム制作のために尽力しており、そしてここに最新作であり通算14枚目のフル・アルバム『ゴッズ・オブ・ヴァイオレンス』を完成させた。従来のクリエイターを想起させるアグレッシヴでブルータルな楽曲を多数収録していることは勿論のこと、ここ数作と同様に欧州的な叙情性を全面的に打ち出した楽曲、ケルト音楽からの影響を強く滲ませる曲なども収録されており、これまで以上にアグレッシヴであり、これまで以上にメロディアスでもある本作の仕上がりは、世界中の総てのスラッシュ・メタル・ファンの溜飲を下げること確実。更には「早くも2017年度のベスト・アルバムの登場か」という声もあちこちから聞こえてくるに違いない。

なお、限定盤にはボーナス・ディスクとして2014年のドイツ『WACKEN OPEN AIR』出演時のライヴ映像と音源が付くことが決まった。当時の新曲である「ファントム・アンティクライスト」「シヴィライゼーション・コラプス」「ユナイテッド・イン・ヘイト」から「エンドレス・ペイン」「プレジャー・トゥ・キル」、そして「フラッグ・オブ・ヘイト」と「トーメンター」のメドレーといったスラッシュ・メタル・クラシックまで、幅広いセットリストによる熱演を観ることが出来る。



 


DEGREED / ディグリード / DEGREED / ディグリード

DEGREED ディグリード

DEGREED / ディグリード

CD(4) 2,808円(税込)

【国内盤】
【2017年8月23日発売】
ロビンとマッツのエリクソン兄弟を中心とした、スウェーデン出身の新世代ハードロック・バンド「ディグリード」のニュー・アルバム(マーキー移籍第一弾)

ストックホルムの音楽学校(H.E.A.Tのメンバーの出身校でもある)に在学していたロビンとマッツのエリクソン兄弟を中心に結成。H.E.A.Tのエリク・グロンウォールや、ART NATIONのアレクサンダー・ストランデルらを輩出したオーディション番組出身の実力派シンガー、ロビン・エリクソンの情熱的な歌声を軸に、FOO FIGHTERSやNICKELBACK、EUROPEらを主な音楽的栄養源としたハードロックをプレイ。数多くのライヴによって培われた人気と実力をベースに、2010年の「Life Love Loss」でアルバム・デビュー。エリック・リボムをプロデューサーに迎えたこのアルバムで日本デビューも果たし、BURRN!誌で89点という高評価を獲得。2nd「We Don’t Belong」では、ライヴ向きの躍動的な楽曲が多数収録。3rd「Dead But Not Forgotten」からのシングル"The Scam" が、Classic Rock Magazineの "Track of the Week" に選出、アルバムも過去最高の内容との評価を得るものの、日本発売は見送られていた。

海外での所属レーベルをH.E.A.TやHARDCORE SUPERSTAR、BACKYARD BABIESといったグループが籍を置くスウェーデンの名門『Gain/Sony Music Entertainment』に、マネージメントをH.E.A.Tのエリク・グロンウォールが主宰する『Greenwall Management』にそれぞれ移し、万全の環境を整え、ブレイクへの準備は着々と整っている。

通算4作目となる最新スタジオ・アルバムにして、マーキー移籍第一弾アルバム。5月発表の先行デジタル・シングル「Shakedown」を含む全11曲収録。バンド名を冠したセルフ・タイトル・アルバムにふさわしく、これまで以上にスケール感のある世界観を提示しており、バンドの新たなる決意がにじむ完成度の高い1枚。


NOTHING MORE / ナッシング・モア / THE STORIES WE TELL OURSELVES / ザ・ストーリーズ・ウィ・テル・アワセルヴス

NOTHING MORE ナッシング・モア

THE STORIES WE TELL OURSELVES / ザ・ストーリーズ・ウィ・テル・アワセルヴス

CD(4) 2,700円(税込)

【国内盤】
【2017年9月13日発売】
新世代のオルタナティヴ・へヴィ・ロック・バンド、ナッシング・モアは、2015月2月、日本武道館で行われたインターナショナル・フェス『VAMPARK FEST』で初来日し、強烈なパフォーマンスで聴衆にインパンクトを与え、日本のファンにもその名を浸透させた。

彼らは米国テキサス州サンアントニオで2003年頃に結成された。レベールもなく、マネージャーもいない中でライヴを重ねていき、2004年に自主制作でアルバム『SHELTER』を発表。以後、2年に1枚のペースで作品を発表し続ける。インディーズにて4枚のアルバムを発表、バンド活動が10年経った頃、アメリカの大手マネージメント/レコード会社であるEleven Seven Musicとアルバム5枚の長期契約を結んだ。ロック・ミュージックに独特のこだわりをみせるEleven Seven Musicには、モトリー・クルー、パパ・ローチ、イン・フレイムス、ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ等々が所属している。

2014年にアルバム『Nothing More』でメジャーデビュー。デビュー・シングルの「This Is The Time (Ballast)」 はビルボードのロックチャートで2位まで上昇した。世界中で“すべてが新人離れしている”と絶賛され、コーンやリンキン・パークのヘヴィネスにマーズ・ヴォルタの熱きエモーショナルなヴォーカル、インキュバスのような壮大さ、Karnivoolのプログレッシヴなアプローチ等々が融合していると言われていたが、何かに似ているようで似ていないのが彼らの音楽性である。

ジョニー・ホーキンス(vo)による歌詞の世界観は、哲学者や映画制作者、個人的な経験など、様々な事象から影響を受けている。個人的な経験の面では、前作に収録されていた「ジェニー」は、精神分裂病と闘うジョニーの叔母と双極性障害と闘う姉のジェナからインスピレーションを受けた曲だった。

彼の作る歌詞は極めて内省的であり、哲学的だ。歌詞に大きな影響を与えているのは、生誕100周年を迎えてなお多くの人々を刺激し続けるイギリスの哲学者、アラン・ワッツや、アメリカで最も人気のある精神世界分野の著者、エックハルト・トール。スイスの精神科医・心理学者カール・グスタフ・ユングの名が挙がる。映画監督ではスタンリー・キューブリック、テレンス・マリックなどが挙げられ、たいへん興味深い。「映画は僕たちの多くのソングライティングに影響を与えてきたが、もちろん物語を通じて、また特定の監督がどのように視覚媒体を通して感情を伝えているかによっても影響を受けている」とホーキンスは語っている。

また、音楽的影響は、1998年にカリフォルニア州アーバインで結成されたアメリカのポスト・ハードコア/エクスペリメンタル・ロックバンド、THRICEのヴォーカル&ギター担当、ダスティン・ケンズルーから多大な影響を受けたと口にしているように、エモーティブなハイトーンボイスを随所に挿入。そして、ジェント的プログレッシヴ、エレクトロニカ、モダン・オルタナティヴなど、様々な音楽要素を飲み込み、しっかりと消化した上で吐き出されているのが、彼らのロックである。

本作『ザ・ストーリーズ・ウィ・テル・アワセルヴス』でも、自分が何者であるのかを考え、探し続けている。そんな内容であるにも関わらず、非常に親しみやすいポップさを兼ね備えた、新しいロックを創造している。







ECLIPSE (from Sweden) / エクリプス / MONUMENTUM / モニュメンタム

ECLIPSE (from Sweden) エクリプス

MONUMENTUM / モニュメンタム

CD(4) 2,808円(税込)

【国内盤】
【2017年3月8日発売】
●2016年9月に初来日した、エリック・モーテンソン率いるスウェーディッシュ・ハードロックの雄「エクリプス」による待望のニュー・アルバム。

●欧州、日本で確実な支持を集めるECLIPSE。とりわけ作詞作曲を手掛けるエリック・モーテンソン(Vo,G)は、メロディックHM/HR新世代を代表するアーティストとして年々注目度が上昇中。今年「ユーロ・ヴィジョン・コンテスト」のスウェーデン国内予選「Melodifestivalen」に参加し、実に国民の半数以上が視聴するTV放映で充実したライヴ・パフォーマンスを披露し、国内での認知を盤石のものとした。

●2015年作「Armageddonize」以来2年ぶりとなる最新スタジオ・アルバム。従来の路線をさらに突き詰めた充実作。

日本先行発売/ボーナス・トラック収録


アーティストプロフィール

1999年ストックホルムにてエリック・モーテンソンを中心に結成。自分自身がプロデュースした4曲入りデモがUKの「Z records」の目に留まりディールを獲得、デビュー・アルバム「The Truth & A Little More」は2001年にリリースされた。その後イタリアの名門「Frontiers Records」へと移籍し、2004年に「Second To None」をリリース。このアルバムは世界のメロディックHM/HRファンから高い評価を得ることに成功、着実にキャリアを築いてゆく。3rdアルバム「Are You Ready To Rock」においてその人気を不動ものとする。リーダーであるエリック・モーテンソンは、ソング・ライティングとプロデュースにおける非凡な才能を買われ、幾多のバンドのプロデュース業を手掛けることとなる。2009年にはジェフ・スコットソートがヴォーカルを努めるロック・プロジェクト「W.E.T.」にも参加する等、シーンの最前線で活動を続けながら、2012年には名作との誉れ高い4thアルバム「Bleed & Scream」を発表。その後、「Frontiers Records」にゆかりのあるアーティストに楽曲を提供しながら、ツアーに次ぐツアーをこなしポテンシャルを高めていった彼らは、2015年に5枚目の最新スタジオ・アルバム「Armageddonize」を発表している。


UNISONIC / ユニソニック / LIVE IN WACKEN  / ライヴ・イン・ヴァッケン<CD+DVD>

UNISONIC ユニソニック

LIVE IN WACKEN / ライヴ・イン・ヴァッケン<CD+DVD>

CD+DVD(19) 3,456円(税込)

【国内盤】
【2017年7月19日発売】
●全ヘヴィ・メタル・ファンの期待を集める奇跡のスーパー・バンド「ユニソニック」による自身初となるライヴ・アルバム。

●マイケル・キスク、デニス・ワードが参加したプロジクトPLACE VENDOMEがきっかけとなり、09年にバンド結成。メンバーは、マイケル・キスク(vo/ex-HELLOWEEN)、カイ・ハンセン(g/GAMMA RAY, ex-HELLOWEEN)、マンディ・メイヤー(g/ASIA, GOTTHARD)、デニス・ワード(b/PINK CREAM 69)、コスタ・ツァフィリオ(ds/PINK CREAM 69)の5名。元HELLOWEENのマイケルとカイのふたりが「Keeper Of The Seven Keys, Pt. 2」以来24年の時を経て同じバンドで活動し、アルバムを作るという事で、ファンから大きな注目と期待を集めた。2011年、アルバム・デビュー前に『LOUD PARK』へ出演、新曲に加えてHELLOWEENのナンバーも披露し、集まった観客を沸かせた。2012年、3月にデビュー作「Unisonic」をリリース。アルバムは大ヒットを記録。スイスのGOTTHARDと共にダブルヘッドライナー・ツアーを行なう。2014年、2ndアルバム「Light Of Dawn」を発表。EDGUYとのダブルヘッドライナー・ツアーも成功裏に終えている。2016年、マイケル・キスクとカイ・ハンセンがHELLOWEENに一時復帰し、ワールド・ツアーを行なうことがアナウンスされた。

●コスタ・ツァフィリオがプレイする最後のステージとなった、2016年のヴァッケン出演時の模様を収録。CD + ボーナスDVD (5曲程度抜粋)でのリリース。

●マイケル・キスクとカイ・ハンセンがHELLOWEENに再合流してのワールド・ツアーが発表、これまで以上に露出も増え、注目度が高まる中でのリリース。

【仕様】
CD+ボーナスDVD


JUNKYARD DRIVE / ジャンクヤード・ドライヴ / SIN & TONIC / シン・アンド・トニック<直輸入盤国内仕様>

JUNKYARD DRIVE ジャンクヤード・ドライヴ

SIN & TONIC / シン・アンド・トニック<直輸入盤国内仕様>

CD(4) 2,400円(税込)

【国内盤】
【2017年3月22日発売】

ガンズ直系、必殺のロックン・ロールが爆裂!
80年代ロック愛を標榜するハードエッジな5ピース、
堂々デビュー・アルバム!!

-Profile-
80年代ロックン・ロールの洗礼を受けた北欧のニュー・カマー、JUNKYARD DRIVEのデビュー・アルバムが完成した。
2014年、ロックン・ロール復権を掲げデンマークにて結成。レザー・ジャケットに身を包み込み、
徹底してオールド・スクールなサウンドで活動を開始する。

すぐに4曲入りEPをリリースすると、精力的にライヴを敢行。自国デンマークの隅々までツアーで廻ったのち、
ラトビアやオランダ、ドイツへにも遠征した。
昨年10月にはついにアメリカにも上陸。フロリダ、テキサスと巡り、北米メキシコまで到達。PRIMAL FEAR等
のサポートも含め、充実のツアー経験を積んだ。

デビュー・アルバムの制作に取り掛かったバンドは、ポップス的な要素を取り除くことを宣言。
歌詞もより社会派的なものを目指すようになっていった。
人々が自身の目や耳を差し置き、スマホを使うことによって音楽やライヴを”疑似体験”する現代のミュージック・シーンへの警鐘を鳴らしている。

GUNS N’ROSESを始め、AC/DCやAIRBOURNEからの影響を受けた彼らのスタイルは、
ヘッド・バンギングなリフとハイピッチなヴォーカル、タイトなリズムをベースとしており、
エネルギッシュな魅力に満ちている。BACKYARD BABIESやBUCKCHERRY、THE WILDHEARTSなど
バッドボーイズ系好きに強力に推せるサウンドだ。
プロデューサーとミックスは、グレン・ヒューズ、マイク・トランプとの仕事でおなじみのソレン・アンダーセンが担当。
レコーディングはコペンハーゲンにあるメドレー・スタジオにて行われた。尚、2月からは本作を引っ提げてのツアーがスタートする。

【仕様】
・直輸入盤に帯を付した日本盤仕様


WITHIN THE RUINS / ウィズイン・ザ・ルインズ / HALFWAY HUMAN / ハーフウェイ・ヒューマン

WITHIN THE RUINS ウィズイン・ザ・ルインズ

HALFWAY HUMAN / ハーフウェイ・ヒューマン

CD(4) 2,700円(税込)

【国内盤】
【2017年3月3日発売】
<こちらの商品は金曜発売開始商品となります。>

“8弦ギター使い”ジョー・コッチ率いる米・マサチューセッツ産メタル・バンド、ウィズイン・ザ・ルインズ!
ジェントもデス・メタルも飲み込んだテクニカルな暴虐サウンドが渦巻く通算5作目!

2009年にアルバム・デビューを果たした米・マサチューセッツ州出身のメタル・バンド=ウィズイン・ザ・ルインズが、通算5作目『ハーフウェイ・ヒューマン』で遂に日本デビュー!

そのサウンドは、メシュガーにも通じるテクニカルなエクストリーム・メタル。
また、結成メンバーのジョー・コッチによる8弦ギターを用いた独特な音とリズムも相俟って、現在世界中でファンベースが拡大している「ジェント」の範疇でも語られる。
さらに、スリリングで叙情的なギター・ソロは、トラディショナル・メタルのファンからも受け入れられるクオリティを誇る。

2013年には、eOne Musicに移籍。同年の3rdアルバム『エリート』は全米133位、続く4thアルバム『フェノメナ』(2014)は全米77位と、着実のその人気を高めている。

ボーナス・トラック1曲収録。

アーティストプロフィール

ジョー・コッチ (g) / ケヴィン・マクガイル (ds) / ティム・ゴーゲン (vo) / パオロ・ガラン (b)
2003年、ジョー・コッチとケヴィン・マクガイルによって結成。他のメンバーは何度かの脱退・加入がありながらも、2005年に1st EP『Driven By Fear』を自主制作で完成させ、2006年にリリース。
2008年には、自主制作の2nd EP『Empires』をリリースした後、米・Victory Recordsと契約。
ジョーとケヴィン、そしてジョン・グランデ(vo)とマディソン・ローズベリー(b)による4人編成で、2009年に1stアルバム『Creature』を発表する。
2010年には、同じくVictory Recordsよりセカンド・アルバム『Invade』を発表し、初週3,000枚のセールスを記録するなど好評を得た。
それを引っ提げ、ヨーロッパ・ツアーや、北米での10を超えるフェスティバルに出演。2013年には、eOne Musicに移籍。
同年の3rdアルバム『Elite』は全米133位、続く4thアルバム『Phenomena』(2014)は全米77位と、着実のそのファン層を拡大。満を持して、5thアルバム『Halfway Human』を2017年に発表する。


ANATHEMA / アナセマ(アナシマ) / THE OPTIMIST / ジ・オプティミスト

ANATHEMA アナセマ(アナシマ)

THE OPTIMIST / ジ・オプティミスト

CD(4) 2,700円(税込)

【国内盤】
【2017年6月9日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>

英国プログレッシヴ・ロックが21世紀を往く!アナセマの11枚目のアルバム『ジ・オプティミスト』リリース決定!2001年リリースのアルバム『A Fine Day To Exit』のジェケット写真をもとに構成され、“楽観主義者”の旅路を描くニュー・アルバムは音のロード・ムービーだ!【日本語解説書封入】

1990年に結成、今や英国モダン・プログレッシヴ・ロックの旗手となったアナセマ。2015年8~9月に初来日公演を行い、光と影、ヘヴィネスとアンビエンスが交錯するステージで魅了した彼らだが3年ぶり、11作目となるスタジオ新作では、さらに進化した音世界を創り出している。

2001年のアルバム『ア・ファイン・デイ・トゥ・エグジット』の世界観を継承する本作は、ダニエル・カヴァナー (ギター/ピアノ/ヴォーカル/ループ)が「半・自伝的」と呼ぶものだ。バンドはその人生と想いを“ジ・オプティミスト=楽観主義者”に投影しながら、新しい心象風景の旅へと赴く。

カリフォルニア州シルバーストランドの浜辺からサンフランシスコ、スプリングフィールドと、景色が移り変わっていく一方で、聴く者はこのアルバムを通じて自らの内面を覗き込むことになるのだ。

“ジ・オプティミスト”の波乱に満ちた道程を彩るのがバンドの音楽だ。クールなプログラミングと熱いロックがコントラストを成す「リーヴィング・イット・ビハインド」から始まった旅はピアノの調べからドラマチックに盛り上がる「ジ・オプティミスト」、ミニマル・メタルと呼ぶべき「サンフランシスコ」、夢とうつつの美しい境界線を跨ぐ「ゴースツ」などを経て、精神が拡散していく「バック・トゥ・ザ・スタート」で大団円を迎え、そして原点へと回帰していく。

モグワイやベル&セバスチャン、スーパー・ファーリー・アニマルズらを手がけたトニー・ドゥーガンをプロデューサーに起用、アイルランドのドニゴールとスコットランドのグラスゴーでレコーディングを行ったことも、本作のサウンドにさらなる深みをもたらしている。『ア・ファイン・デイ・トゥ・エグジット』のアートワークを担当したトラヴィス・スミスを再び起用、彼自身がアメリカ西海岸で撮った写真を用いたジャケット/ブックレット・アートは、『ジ・オプティミスト』のサウンドスケープをヴィジュアル化したものだ。

よりライヴに近い形でレコーディングしたというオーガニックな演奏と、よりスピリチュアルな深みに歩を進めていく楽曲が、荘厳なまでの昂ぶりを生み出す。常に前進していく真のプログレッシヴ・ミュージックは、楽観主義の彩りと悲観主義の翳りを兼ね備えている。


 


TWILIGHT FORCE / トワイライト・フォース / HEROES OF MIGHTY MAGIC / ヒーローズ・オブ・マイティ・マジック

TWILIGHT FORCE トワイライト・フォース

HEROES OF MIGHTY MAGIC / ヒーローズ・オブ・マイティ・マジック

CD(4) 2,700円(税込)

【国内盤】
【2017年1月25日発売】
勇者よ、剣を持て!スウェーデンから新たな英雄登場!トワイライト・フォースの2ndアルバム『ヒーローズ・オブ・マイティ・マジック』発売決定!明けの明星が輝く暁(あかつき)、壮大なるアドベンチャー・メタル叙事詩が幕を開ける!

サバトンの台頭により近年、メタルの新たな聖地となったスウェーデンのファールンに鋼鉄の理想郷を築くべく、2011年に結成。『テイルズ・オヴ・エインシェント・プロフェシーズ』(2014)はデビュー作にも拘わらずスウェーデンのナショナル・チャートTOP30入りを果たし、一躍その名を世界のメタル・シーンに知らしめることになった。

世界最大のメタル・レーベルといわれる『ニュークリア・ブラスト』と契約しての第2弾アルバムには、メタルの求道者が欲するものすべてがある。天翔るスピード・メタル、豪奢なシンフォニック・サウンド、美麗ヴォーカル・メロディと心躍るドラマティズム。勇壮なるパワー・メタル「パワーウィンド」から民俗楽器を加えてファンタジック空間へといざなうスピード・ナンバー「フライト・オブ・ザ・サファイア・ドラゴン」、10分におよぶ荘厳なる天啓の詩「ヒーローズ・オブ・マイティ・マジック」まで、むせかえるほど劇的なメロディック・パワー・メタルが空間を支配する。最後を飾る「ナイツ・オブ・トワイライツ・マイト」は、アルバム全体の舞台である王国トワイライト・キングダムの国歌だという。

バンドの結成メンバーであるリンド(ギター)とブラックヴァルト(キーボード)、そしてクリレオン(ヴォーカル)、エレンディール(ギター)、ディアッシュ(ドラムス)、ボルン(ベース)それぞれがファンタジー・キャラクターとしてCDブックレットに登場するのも話題を呼んでいる。1人1人の生い立ちや辿ってきた数奇な運命、さらにはHP・MP・SP、所有武器、そして“トワイライト・キングダム”の地図に至るまで、その世界観はいかなるメタル・バンドも到達しえなかった徹底したものだ。

そのサウンドへのこだわりもディープなもので、アルバムの終章「エピローグ」は臨場感を生み出すためバイノーラル録音で収録。ブックレットには “爆音で聴くのでなく、適切な音量で聴いて欲しい”というメッセージも載せられている。

そんな彼らに共鳴して、ヨアキム・ブロデーン(サバトン)が前作に続いてゲスト参加。さらにファビオ・リオーネ(アングラ)も合流し、最強の旅団を結成している。2017年、サバトン、アクセプトとのヨーロッパ・ツアーも決定。英雄(ヒーローズ)たちが誇り高き冒険の旅路へと赴く。




【お問い合わせ】
ディスクユニオン 渋谷パンク・ヘヴィメタル館
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 5F
営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
TEL:03-3461-1121

e-mail:dp2@diskunion.co.jp

友だち追加数

Share

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

diskunion渋谷
パンク・ヘヴィメタル館


〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-7
アンテナ21ビル5F

tel:03-3461-1121
e-mail: dp2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル
0120-068-191

open 11:00 - close 21:00
(日・祝 20:00 close)
=365日・年中無休!!=

>>access
>>shop news

買取に関するお問い合わせはこちら

電話で買取申込
03-5489-8191へ
メールで梱包キット依頼
無料で梱包キットお送りします
メールで集荷依頼
お荷物の集荷をいたします
メールで問合せ
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp へ

ヘヴィメタル CD・レコード
当店で高価買取!

PUNK/HARDCORE CD・レコード
当店で高価買取!

サイコビリーレコード
高価買取リスト





紙ジャケットCD高価買取リスト
 



LIP CREAM買取保証




PUNK/HARDCORE高価買取リスト
 



当店完全限定!OLD/NEWSCHOOL
NYHC / SxE
 CD高価買取リスト 

PUNK / HARDCORE
★★★CD・レコード高価買取★★★

パンク・ハードコアの買取は専門店の当店へ!

買取のご案内


店舗買取

買取ご希望商品を、本人確認書類と一緒にディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にお持ちください。
査定終了次第その場で現金でお支払いさせていただきます。

■ご用意いただくもの

(1)お売りいただくお品物
(2)ご本人確認書類

STEP01
ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にご来店ください

お近くのディスクユニオンにご来店ください

「買取ご希望のお品物」と「ご本人確認書類」をお持ちください。
買取のお持込は、お近くの買取センター/各店にて受け付けております。

STEP02
買取受付

買取受付

店内受付カウンターにてお持ちの点数を確認し、お品物をお預かりいたします。
査定終了見込みのお時間をお知らせいたします。

STEP03
査定結果のお知らせ

査定結果のお知らせ

専門知識豊富なスタッフが1点1点丁寧に査定をして明細を発行します。

買取査定表(サンプル)はこちら

金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いします。
ご満足いただけないお品物は単品ごとにキャンセルも可能です。

宅配買取

52年の中古査定実績。CD・レコードの買取は信頼のディスクユニオンにおまかせください。

大量にお売りいただける場合は、当買取センターの便利な宅配査定をご利用ください!



まずは、電話または、Eメールにてお問い合わせください!
◆宅配買取専用フリーダイヤル:
0120-068-191

◆買取専用Eメール:
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp


をプリントアウトして



必要事項を記入して



お売りいただく商品を同梱していただいて



電話で宅急便を依頼
(送料はもちろん無料!)



店舗に届いたら1点1点査定して



お支払いは現金か振込みでスムーズ



HEAVY METAL、PUNK/HARDCOREはぜひ当店へお売り下さい!
廃盤・レア盤以外も専門店ならではの高価買取!!!

【PUNK担当オススメの1枚!!】
月刊特集「俺の~シリーズ」

TWITTER UPDATE

カウンター