ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館

PUNK/HARDCOREとHEAVY METAL/HARD ROCKの2つのジャンルの専門店! 渋谷で最もウルさく過激な音楽を取り扱っている専門店です!世界中の地下シーンの音楽があなたをお待ちしています! 場所は、渋谷宇田川町交番前 disk union渋谷5Fです。

1/12(金)METAL新譜入荷情報!


CRASH SYNDROM クラッシュ・シンドローム

Postmortem Solutions to Mundane Issues

CD(4) 1,620円(税込)

【国内盤】
【2018年1月13日発売】

2004年、ウクライナでStefanとMichailのステファンスキー兄弟によって結成。
結成当時はデスメタルをプレイしていたが少しずつサウンドスタイルが変わり CARCASS, DEAD INFECTION, PATHOLOGIST, GENERAL SURGERYなどから影響を受け たゴアグラインドバンドとなる。1回だけのライブでバンドは活動休止するが Stefanが日本に移住、2016年に新しいメンバーにより活動を再開。
過去にDEFILEDで活動経験がありHemorrhoid Carnageのメンバーでもあるオカダがドラマーとして加入。プロモデモCD-Rを自主リリースしライブ活動もスタート。
本作は2016年録音で海外からリリース予定だったがお蔵入りになりかけていたファーストフルアルバムがDEAD INFECTION, DEAD, BUTCHER ABC, VISCERA INFESTなどゴアグラインド / グラインドコアを多数リリースするobliteration recordsから発売。
CARCASS直系のハイピッチとロウデスボーカルが絡むゴアグラインド特有のツインボーカルスタイルとCARCASS "Necrotisism"から派生しEXHUMED, IMPALEDが進 化させたゴアメタル系のメタルリフワーク、そしてグラインドコアの真骨頂でも あるブラストビートが炸裂する。マンネリに陥りがちなグラインドコアの曲構成 も作り込んだメタルリフとドラムパターンでバリエーションある楽曲を収録。
日本でゴアグラインドバンドはこれまで多数出てきてたがグラインドとゴアメタルが融合したCRASH SYNDROMのようなバンドは出現していなかったので今後の活 躍が期待出来る若手バンド。

バンドインフォ
Facebook
https://www.facebook.com/crashsyndromofficial
bandcamp
https://crashsyndrom.bandcamp.com

== CRASH SYNDROM 1stアルバム レコ発 ==
2018年 1月20日 新宿エクストリーム @ Dues
w/ 注射針混入豚, the MEN'S TOILET, DIARRHEA


LEAVES' EYES / リーヴス・アイズ / SIGN OF THE DRAGONHEAD / サイン・オブ・ザ・ドラゴンヘッド<初回限定盤CD+インストゥルメンタルCD>

LEAVES' EYES リーヴス・アイズ

SIGN OF THE DRAGONHEAD / サイン・オブ・ザ・ドラゴンヘッド

CD(4) 3,024円(税込)<初回限定盤CD+インストゥルメンタルCD>
CD(4) 2,484円(税込)<通常盤CD>

【国内盤】
【2018年1月12日発売】
ゴシック/シンフォニック・メタル・バンド、リーヴズ・アイズの7thアルバム『サイン・オブ・ザ・ドラゴンヘッド』リリース!新たな女性シンガー、エリナ・シーララを迎え、独自のサウンドをさらに深化!新章の始まりを高らかに告げる作品だ!【日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き】 

【仕様】
初回限定盤CD+インストゥルメンタルCD

ゴシック/シンフォニックメタル・バンド、リーヴズ・アイズは、2003年にノルウェー産ゴシックメタルのパイオニア、Theatre of Tragedyのリード・ヴォーカリストであるリヴ・クリスティンと、夫のアレクサンダー・クルルがリーダーとして在籍していたドイツのヘヴィ・メタル・バンド、ATROCITYのメンバーらによって結成された。2004年にアルバム『Lovelorn』でデビュー。すぐに世界中のゴシック・メタル・ファンから高い評価を得ることになる。以後5枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴ・アルバムを発表している。

Theatre of Tragedyでヴォーカルを担当していたリヴは、リーヴズ・アイズで祖国ノルウェーの歴史や風景などをリリカルに描き、そのサウンドにフォーク・メタル的要素を加えることになった。2005年にリリースされた2ndアルバム『VINLAND SAGA』は、ヴァイキングの航海を綴ったコンセプトアルバムで、彼らの名声を高めた。長きに渡るツアーを経て、4年ぶりにリリースされた3rdアルバム『NJORD』(2009年)、『MEREDEAD』(2011年)、『SYMPHONIES OF THE NIGHT』(2013年)とコンスタントに活動を続けてきた。大規模なフェスティヴァルにも数多く出演し、ファンを熱狂させた。2015年には6thアルバム『KING OF KINGS』をリリースし、再び長いツアーを敢行した。

ところが、2016年のツアー中にリヴ・クリスティンが脱退してしまう。詳しい理由などは不明だが、バンドはHPにて円満な脱退であることを発表した。その後バンドは、フィンランドのメロディック・メタル・バンド、Angel Nation(元々はenkElinationと名乗っていた)のエリナ・シーララをヴォーカリストに迎え、再スタートを切った。

エリナ・シーララはフィンランド出身でロンドン在住。2016年4月18日にジャカルタで行われたHammersonic festivalがリーヴズ・アイズの新メンバーとしての初ステージとなった。そして20日からサバトンと一ヶ月間に渡る北米ツアーを敢行。5月には「Edge of Steel (2016 version)」を配信シングルとしてリリースし、10月にはCDシングル「Fires in the North」をリリースしている。

そして、満を持してのリリースとなった新生リーヴズ・アイズの7作目となるアルバム『Sign Of The Dragonhead』。ゴシック・メタルを基調に、随所にノルウェイ的フォーキーなエッセンスが散りばめられた独特のシンフォニック・メタルが彼らの持ち味であるが、本作でもその路線がさらに深く突き詰められている。

ニューシンガー、エリナ・シーララは家族や親戚のほとんどが音楽家という家庭に育ち、17歳から歌い始め、ロンドンでクラシックや他の様々なスタイルの歌唱を勉強したという。透明感のあるソプラノ・ヴォイスでリーヴズ・アイズの叙情的世界観を見事に表現している。

ゲスト・ミュージシャンに元RAGE、現Almanacのギタリストであるヴィクター・スモールスキ、ヴァイオリン奏者のSophie Zaaijer、ジョン・ウィリアムズが音楽を担当した『スター・ウォーズ』シリーズや『ハリーポッター』シリーズ、また『ロード・オブ・ザ・リング』三部作といった大作への参加で知られるLondon Voicesがコーラスを担当し、サウンドにさらなる厚みを与えている。

【メンバー】
エリナ・シーララ(ヴォーカル)
アレクサンダー・クルル(ヴォーカル)
トーステン・バウアー(ギター/ベース)
ピート・ストライト(ギター)
ヨリス・ナイエンハンス(ドラムス)


AUDREY HORNE / オードリー・ホーン / BLACKOUT / ブラックアウト

AUDREY HORNE オードリー・ホーン

BLACKOUT / ブラックアウト

CD(4) 2,484円(税込)
【国内盤】
【2018年1月12日発売】
1990年から1991年にかけて米国で放映され、日本でも大ブームとなったTVドラマ『ツイン・ピークス』は2017年にも続編が放送され大きな話題となった名作だ。このドラマに登場するやんちゃなワガママな娘にして小悪魔的美少女の名を冠したバンドといえば、オードリー・ホーンである。

彼らは2002年にノルウェーのベルゲンで結成された。ブラック・メタル・バンド ENSLAVEDのアイス・デイル、ドゥーム・メタル・バンドSAHGのトーマス・トフトハゲンが参加しているが、彼らの音楽性はきわめてオーセンティックなハードロックだ。

2005年に4トラックEP『Confessions & Alcohol』、続けてデビュー・アルバム『No HayBanda』を発表すると、国内での好評を受けて翌年にはノルウェーのグラミー賞を受賞した。しかしバンドを取り巻く決して良いとは言えない環境のなかで、彼らは望むほど多くのライヴを行うことは出来なかった。しかしオーディエンスの反応は常に良好で、2008年には再びノルウェーのグラミー賞においてベスト・メタル・アクト部門にもノミネートされている。初期作品はオルタナティヴ・ロック的な色合いが濃厚な作品だったが、2010年に発売したサード・アルバム『オードリー・ホーン』では、オーセンティックなハードロックへと劇的に変化。 2013年、通算4枚目となるフル・アルバム『ヤングブラッド』を発表。ここで正式にベーシストを加入させ、本格的なツアーを開始した。

オードリー・ホーンはこれまでに5枚のアルバムをリリースし、作品を発表する毎に楽曲は洗練されてきたとの印象を受ける。一部のメンバーはブラック・メタル、エクストリーム・メタルのバンドに参加しているが、オードリー・ホーンの音楽はそれらとはかなりかけ離れている。クラシックなロック、それは初期のキッスやヴァン・ヘイレンにも通じる、ヘヴィでありつつメロディックなロックであったり、シン・リジィやUFOといった70年代ブリティッシュ・ロックのポップになりすぎない湿り気のある演奏、そしてブルースの要素を薄めたサウンドの感触は80年代初頭のNWOBHMをも匂わせたりする。元々、メロディのセンスが素晴らしく、英語で歌うトーシェルのメロディアスなヴォーカルが前面に出た作りになっている。どの曲にも耳に残る印象的なフックがあり、2本のギターが奏でる泣きのメロディなどバックの演奏と絶妙なバランスで成立している。

6作目となる本作『ブラックアウト』でも時代を超越した良質のハードロック・ナンバーが満載されている。所々、過去の名曲を思い出しては顔がニヤけてしまうところがなんともニクい。泣きのフレーズとストロングな歌唱が印象的な「This Is War」で幕を開け、70年代アメリカン・ロック的な「Audrevolution」や「Midnight Man」、いかにもブリティッシュ・メタル的な「California」「Naysayer」等々、ジャンルなど関係なく、良曲を耳にしたい音楽ファン必聴の作品となっている。

【メンバー】
トーシェル・ロズ(ヴォーカル)
アルヴェ・イスダル(ギター)
トーマス・トフトハゲン(ギター)
エスペン・リーン(ベース)
キュティル・グリーヴェ(ドラムス)


SILKED & STAINED / LOVE ON THE ROAD

SILKED & STAINED

LOVE ON THE ROAD

CD(4) 1,944円(税込)
【輸入盤】
13年ギリシャで結成された4人組ハードロック・バンドのデビュー・フル・アルバム。LAメタルやバッドボーイズ・ロックンロール影響下のワイルドさと抜群のメロディを兼ね備えたサウンド。CRAZY LIXX、RECKLESS LOVEあたりのファンはもちろんメロディアス・ハード好きも要チェック新人。




★再入荷★
NEPENTHES / ネペンシス / CONFUSION / コンフュージョン

NEPENTHES ネペンシス

CONFUSION / コンフュージョン

CD(4) 2,592円(税込)
【国内盤】
【2017年11月22日発売】

強い楽曲とグルーヴ、艶有りの豪放ヴォーカルに溢れた超王道ヘヴィロック
キラー・チューン連発の大傑作2ndアルバム登場!


■Nepenthesは個々のメンバーが長年に渡り別バンドで築き上げた華々しいキャリアを結集、日本アンダーグラウンドのスーパー・グループとして2012年に誕生した。以来都内を中心に数多くのライヴで豪快なパフォーマンスを見せてきた強者だ。2015年に1stフル・アルバム『scent』をリリース、ピュアなヘヴィロックを聴かせるアルバムとして現在までロング・セラーを続けている。2017年春にはUS西海岸ツアーも敢行し、現地で熱い歓迎を受けた。

■約2年振りに完成させた本作は、1st以上に様々な意味で絞り込まれた傑作だ。収録楽曲の殆どは1年前の時点で書き上げていたが、5人から4人編成へ変わったことでアレンジを徹底的に詰め直し、繰り返しライヴで演奏することで曲の強度を上げてきた。冒頭とエンディングを飾る長尺ドゥーム曲16の圧倒的な貫録、ダンサブルとさえ言える猛進型シャッフル・ビートが光る2、リフとヴォーカルの切れが凄まじい3、重く揺れうねり続ける4、アップテンポでのグルーヴ加減とギター・フレーズが光る5と、収録曲全てがキラー・チューンという奇跡的な仕上がりだ。

■今回のプロデュースと録音も前作同様に盟友岡崎氏(ETERNAL ELYSIUM)が担当、名古屋の聖地Studio Zenにて制作を行った。バンドの充実振りとドゥーム/ヘヴィロックが何たるかを知る岡崎氏のアイデアが見事に結実。全世界的に見てもここ5年のうちに出たヘヴィロック・アルバムの中でトップ・クラスに位置すると断言出来る。

■リリース・ライヴとして『leave them all behind 2018』出演決定! 2018/1/13 下北沢Garden with SLEEP performing "Holy Mountain", MUTOID MAN, FRIENDSHIP 大傑作を携えての舞台で、堂々たる祝祭のマスター振りを堪能すべし!

 


DOOM / ドゥーム / NO MORE PAIN-COMPLETE EXPLOSIONWORKS SESSION / ノー・モア・ペイン~コンプリート・エクスプロージョンワークス・セッション

DOOM ドゥーム

NO MORE PAIN-COMPLETE EXPLOSIONWORKS SESSION / ノー・モア・ペイン~コンプリート・エクスプロージョンワークス・セッション

CD(4) 3,240円(税込)
【国内盤】
【2015年12月16日発売】

ノンカテゴライズ怒ヘヴィ・・・
DOOM 伝説の初期音源集が遂に再発!!

CASBAH、JURASSIC JADE、OUTRAGE、UNITEDと並び、ジャパニーズ・スラッシュ・シーンを牽引し、昨年14年振りに復活を果たしたプログレッシヴ・ハードコア/メタルバンド"DOOM"。
本格的に活動を再開した彼らが、ディスクユニオン内に自らのレーベル"13th REAL RECORDINGS"を新たに設立、その記念すべき第一弾として、’09年に一度再発のアナウンスがありながらも発売が見送られた、幻の1stフル・アルバム『NO MORE PAIN』が遂に再発。
LPとCDでヴァージョンが異なることでも知られるこのレア・アイテム。

今回はDISC 1にLPヴァージョンとEP『GO MAD YOURSELF !』、更に『NO MORE PAIN』LP初回特典だったソノシート2曲を収録。
DISC 2にはCDヴァージョンを収録し、彼らがエクスプロージョンワークスに残した全音源を網羅。歴史的な名盤が、2015年最新リマスターによって鮮やかに蘇る!

■MEMBER 
 (※1987年本作リリース当時)
TAKASHI FUJITA (G/Vo)
KOH MOROTA (B)
JYOICHI HIROKAWA (Dr)


Ms.RedTHEATER / ミス・レッドシアター / MONSTER / モンスター

Ms.RedTHEATER ミス・レッドシアター

MONSTER / モンスター

CD(4) 2,160円(税込)
【国内盤】
東京発エモーショナル・ガールズ・ロック・バンド、Ms.RedTHEATERの待望の1stアルバム。 ライブには欠かせないナンバーである『GOLDFISH』をはじめ、切なくしっとりと歌いあげるバラード『あやめ流星雨』、隠れファンの多い曲『猫』、いけない恋を描いた疾走感あふれる『海底カーセックス』等、ミスレの今を詰め込んだ全7曲を収録。


BATHORY / バソリー / UNDER THE SIGN OF THE BLACK MARK / アンダー・ザ・サイン・オブ・ザ・ブラック・マーク<帯・ライナー付国内盤仕様>

BATHORY バソリー

UNDER THE SIGN OF THE BLACK MARK / アンダー・ザ・サイン・オブ・ザ・ブラック・マーク<帯・ライナー付国内盤仕様>

CD(4) 2,592円(税込)
【国内盤】
スラッシュ/ブラックメタル最重要バンド! Quorthon(Vo,G)の他Paul Palle Lundberg(B)、Stefan Larsson(Ds)が参加して制作(クレジット上はQuorthonのみ)された1987年リリース3rdアルバム。今作もまた『NOCTURNAL OBEISANCE』からタイトルが変更となってリリースされた。初期BATHORYの粗暴でEVILなスタイルは本作まで。暴走一辺倒の曲に加え、ミドル・テンポの曲でアクセントを付けている点が特徴。音質も向上している。因みにジャケはストックホルムのSwedish Royal Opera Houseの「Carmen, Act-II」のステージを使用し、山羊のマスクを被って立っているのはLeif Ehrnborgという有名なボディー・ビルダー。


TANKARD / タンカード / ZOMBIE ATTACK<DIGI>

TANKARD タンカード

ZOMBIE ATTACK<DIGI>

CD(4) 2,160円(税込)
【輸入盤】
DESTRUCTION、KREATOR、SODOMの三羽ガラスに次ぐ存在として80年代よりジャーマン・スラッシュの中核に位置し続ける大酒吞み酔いどれスラッシャーTANKARDがNOISE RECORDS時代に残した作品が再発!!本作は86年発表の記念すべき1stフル。


【お問い合わせ】
ディスクユニオン 渋谷パンク・ヘヴィメタル館
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 5F
営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
TEL:03-3461-1121

e-mail:dp2@diskunion.co.jp

友だち追加数

Share

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

diskunion渋谷
パンク・ヘヴィメタル館


〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-7
アンテナ21ビル5F

tel:03-3461-1121
e-mail: dp2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル
0120-068-191

open 11:00 - close 21:00
(日・祝 20:00 close)
=365日・年中無休!!=

>>access
>>shop news

買取に関するお問い合わせはこちら

電話で買取申込
03-5489-8191へ
メールで梱包キット依頼
無料で梱包キットお送りします
メールで集荷依頼
お荷物の集荷をいたします
メールで問合せ
dp2@diskunion.co.jp へ

ヘヴィメタル CD・レコード
当店で高価買取!

PUNK/HARDCORE CD・レコード
当店で高価買取!

ぜひ当店へお売り下さい!


PUNK/HARCORE 廃盤 CD高価買取いたします!



9月1日更新 PUNK 今月の高価買取アイテム!!!




FAT WRECK CHORDS CDアルバム買取保証キャンペーン

当店完全限定!OLD/NEWSCHOOL / NYHC / SxE CD高価買取致リスト

PUNK / HARDCORE
★★★CD・レコード高価買取★★★

パンク・ハードコアの買取は専門店の当店へ!

買取のご案内


店舗買取

買取ご希望商品を、本人確認書類と一緒にディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にお持ちください。
査定終了次第その場で現金でお支払いさせていただきます。

■ご用意いただくもの

(1)お売りいただくお品物
(2)ご本人確認書類

STEP01
ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にご来店ください

お近くのディスクユニオンにご来店ください

「買取ご希望のお品物」と「ご本人確認書類」をお持ちください。
買取のお持込は、お近くの買取センター/各店にて受け付けております。

STEP02
買取受付

買取受付

店内受付カウンターにてお持ちの点数を確認し、お品物をお預かりいたします。
査定終了見込みのお時間をお知らせいたします。

STEP03
査定結果のお知らせ

査定結果のお知らせ

専門知識豊富なスタッフが1点1点丁寧に査定をして明細を発行します。

買取査定表(サンプル)はこちら

金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いします。
ご満足いただけないお品物は単品ごとにキャンセルも可能です。

宅配買取

50年の中古査定実績。CD・レコードの買取は信頼のディスクユニオンにおまかせください。

大量にお売りいただける場合は、当買取センターの便利な宅配査定をご利用ください!



まずは、電話または、Eメールにてお問い合わせください!
◆宅配買取専用フリーダイヤル:
0120-068-191

◆買取専用Eメール:
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp


をプリントアウトして



必要事項を記入して



お売りいただく商品を同梱していただいて



電話で宅急便を依頼
(送料はもちろん無料!)



店舗に届いたら1点1点査定して



お支払いは現金か振込みでスムーズ



HEAVY METAL、PUNK/HARDCOREはぜひ当店へお売り下さい!
廃盤・レア盤以外も専門店ならではの高価買取!!!

【PUNK担当オススメの1枚!!】
月刊特集「俺の~シリーズ」

TWITTER UPDATE

カウンター