渋谷|CD・レコード・Tシャツの販売・買取|パンク・ヘヴィメタル館

PUNK/HARDCOREとHEAVY METAL/HARD ROCKの2つのジャンルの専門店! 渋谷で最もウルさく過激な音楽を取り扱っている専門店です!世界中の地下シーンの音楽があなたをお待ちしています! 場所は、渋谷宇田川町交番前 disk union渋谷5Fです。

5/17(金)METAL新譜入荷情報!

SAINT VITUS / セイント・ヴァイタス / SAINT VITUS / セイント・ヴァイタス
SAINT VITUS / セイント・ヴァイタス
SAINT VITUS セイント・ヴァイタス
CD 2,700円(税込)
【国内盤】
セイント・ヴァイタスはドゥーム・メタル界において、生きながらにして神として崇められていると言っても過言ではないバンドだ。その結成は、今から40年前の79年にまでさかのぼる。彼らは決して陽の当たる道ばかりを歩んできたわけではない。84年にバンド名を冠したアルバムでデビュー。翌85年にセカンド・アルバム『Hallow's Victim』、『The Walking Dead』EPをリリースしたのち、スコット・”ワイノ”・ワインリック(Vo)が加入。86年に発表された『Born too Late』は、今でこそドゥーム・メタルの金字塔とされる作品であるが、当時、リアルタイムでこの作品を評価していた人間がどれほどいただろう。86年と言えば、スレイヤーが『Reign in Blood』をリリースした年。言い換えれば、ヘヴィメタルはスピード競争の真只中にいたということ。ブラック・サバスやブルー・チア―といったバンドからの影響色濃い、ヘヴィさ、さらには遅さすらを売りにするセイント・ヴァイタスには、光など当たりようがなかった。セイント・ヴァイタスは時代遅れの極致だったのだ。そして、それを本人たちも自覚し、むしろ誇りに思っていたことは、『Born Too Late』=「生まれるのが遅すぎた」というタイトルからも伺える。

潮目が変わったのが、時代が90年代に突入したころのこと。当時世界最高速と目されていたナパーム・デスを脱退したリー・ドリアンが、カテドラルという世界最遅バンドを始めたことで、エクストリーム・メタル・ファンの目は、突如ヘヴィさ、さらに「遅さ」にまで向けられることになったのだ。そのリーがコンパイルしたオムニバス、『Dark Passages』(91年)に参加したことで、セイント・ヴァイタスの名は、一気にヘヴィメタル・ファンの間にも広まる。そして、ドゥーム・メタル・ブームの中、ペンタグラムらとともに、その元祖として神格化されていったのである。ところが、せっかくの追い風を尻目に、91年ワイノはセイント・ヴァイタスを脱退。かつての自身のバンド、ジ・オブセストの再結成へと動く。(ジ・オブセストはメジャー契約を手にするので、ワイノの決断は正しかったと言えるが。)セイント・ヴァイタスはスウェーデンのドゥーム・メタル・バンド、カウント・レイヴンのヴォーカリスト、クリスチャン・リンダーソンを後釜に迎え入れるも、『C.O.D.』(92年)の1枚で脱退。続く95年の『Die Healing』は、初代ヴォーカリスト、スコット・リーガーズを迎えて製作された。これら2枚の作品はともに高品質であったものの、結局96年にバンドは解散してしまう。
7年のブランクを経た03年、『Born Too Late』期のラインナップでセイント・ヴァイタスが再結成というサプライズが起こる。ライヴやツアーが行われたが、残念ながら、ほどなくしてドラムのアルマンド・アコスタが健康上の理由で脱退、10年に亡くなってしまった。一方、バンド内では新たなアルバムを作ろうという機運も高まってくる。それが現実となったのが12年。実に17年ぶり、ワイノがヴォーカルの作品としては22年ぶりとなるニュー・アルバム、『Lillie: F-65』がリリースされたのである。ところが、歴史は繰り返す。ワイノが再び脱退。しかも理由はまたしてもジ・オブセストの再結成!で、セイント・ヴァイタスは、またまた初代ヴォーカリスト、スコット・リーガーズを呼び戻したのだ。

そしてこの度リリースになるのが、その名もズバリ『セイント・ヴァイタス』。そう、84年のデビュー・アルバムの同名の新作だ。初代ヴォーカリストの復帰、そして再びバンド名を冠したアルバムは、初心への回帰を強く感じさせる。その内容はというと、もうどこを切ってもセイント・ヴァイタス。ギターのワンストロークで、すぐにセイント・ヴァイタスとわかるもの。決して誇張で言っているのではない。アルバムを再生し、最初の音が鳴った瞬間に、思わず笑みがこぼれてしまう。それほどセイント・ヴァイタス丸出しなのだ。それはそうだろう。バンド結成当時から、トレンドとは無縁、時代遅れであることを誇りにしてきたバンドだ。時代が一周し、図らずもトレンドの波に乗るようなこともあったかもしれない。しかし、そんなときでもセイント・ヴァイタスはセイント・ヴァイタスであり続けた。遅くてヘヴィでシンプル。時代遅れ上等。その姿勢は2019年になった
今でも変わらない。ドゥームの神には、時の流れなど存在しないのだ。
LOUDNESS / ラウドネス / LOUDNESS World Tour 2018 RISE TO GLORY METAL WEEKEND<BLU-RAY+2CD> / ラウドネス・ワールド・ツアー2018 ライズ・トゥ・グローリー・メタル・ウィークエンド
LOUDNESS World Tour 2018 RISE TO GLORY METAL WEEKEND / ラウドネス・ワールド・ツアー2018 ライズ・トゥ・グローリー・メタル・ウィークエンド
LOUDNESS ラウドネス
8,640円(税込)<BLU-RAY+2CD>
8,640円(税込)<DVD+2CD>
【国内盤】

【特典
・ステッカー (Masa Ito's ROCK TV)

※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。
2018年9月21~24日にZEPP DIVERCITY TOKYOで4日間に渡って開催されたLOUDNESS主催イベントから、初日DAY1に行われたワンマン・ライヴ『LOUDNESS World Tour 2018 RISE TO GLORY 凱旋公演』のライヴ・ステージを収録した映像作品が世界同時発売決定!大ヒット作『RISE TO GLORY -8118-』(2018年)を引っ提げて行なわれた、熱いパフォーマンスがここに蘇る! !

2018年1月、約4年ぶりに27枚目のアルバム『RISE TO GLORY -8118-』を世界同時発売でリリースしたLOUDNESS。高崎晃(ギター)が「原点回帰の部分もありながら、未来に突き進んでいくアルバム。ギターは今世紀に入って一番弾いた」と語るこの作品は、80年代を思わせるエッジの効いたナンバーからモダンなフィールを取り入れた曲まで、メロディックで攻撃性のあるLOUDNESSらしい楽曲が並んだ力作として世界中のファンから絶賛されている。

1981年に結成され、1984年にアメリカのメジャー・レーベルのアトランティックと契約したLOUDNESSは、5thアルバム『THUNDER IN THE EAST』(1985年)や6thアルバム『LIGHTINGS STRIKES』(1986年:日本では『SHWDOWS OF WAR』)といったアルバムを引っ提げて、日本のヘヴィ・メタル・バンドとしては初めて大規模なワールド・ツアーを実現。世界規模で人気を獲得した彼らは、数々の伝説を作ることに成功する。  その後、メンバー・チェンジや音楽性の変化など、紆余曲折を経て、2000年にオリジナル・メンバーでの再結成を実現させた彼らは、国内を中心にコンスタントにアルバムのリリースやライヴ活動を実施。2008年に樋口宗孝が死去するという悲劇を乗り越え、高崎晃、二井原実(ヴォーカル)、山下昌良(ベース)、鈴木“あんぱん”政行(ドラム)というメンバーで活動を続行した彼らは、2014年辺りから再び海外での活動を本格化させ、メタル系フェスティヴァルなどに数多く出演し、新世代のメタル・ファンにもその名が知れ渡るようになる。国内でもオリジナル・アルバムのリリースの他に、周年記念アルバムのリリースや過去の名盤の完全再現ライヴを行なうなど、話題に事欠かない彼らは、2018年1月には満を持して『RISE TO GLORY -8118-』をワールド・ワイドでリリース。アルバムリリース直後に、鈴木政行が脳梗塞のため音楽活動を一時休止することになり、バンドは、西田竜一をサポート・ドラマーに迎え、3月の国内ツアー、そして7月にチェコの“Masters Of Rock Festival”、ドイツの“Bang Your Head Festival”などを含むヨーロッパ・ツアーを実現させた後、9月21~24日にZEPP DIVERCITY TOKYOで4日間に渡ってLOUDNESS主催イベント“METAL WEEKENDを開催した。DAY1(21日)が“LOUDNESS World Tour 2018 RISE TO GLORY 凱旋公演”と題したワンマン・ライヴ、DAY2(22日)が“ANTHEM vs LOUDNESS 90分1本真剣勝負”、DAY3(23日)が“LOUDNESS × RIOT DOUBLE HEADLINER SHOW”、DAY4(24日)が“LOUDNESS & FRIENDS  AMPAN RETURNS”という構成になったこのイベントだが、今作に収録されているのはその初日、DAY1の模様である。  『RISE TO GLORY -8118-』に収録された「Soul on Fire」で幕を開けるこの日のライヴは、約半数を『RISE TO GLORY -8118-』からのナンバーで構成。新曲はいずれもライヴ映えするものばかりで、LOUDNESSの新たな魅力を発見することができる。さらに「CRAZY NIGHTS」「LIKE HELL」「CRAZY DOCTOR」「IN THE MIRROR」「S.D.I.」といった往年の名曲も実にエキサイティングで、新作からの「UNTIL I SEE THE LIGHT」の導入部では二井原がアコースティック・ギターを手に「ARES’ LAMENT」を弾き語る場面もある。高崎の構築美溢れる技巧派ギター・プレイ、二井原の魂のこもったパワフルな歌声、山下のボトムの効いたメロディックなベース、病気療養中のあんぱんの代役として参加している西田竜一のテクニカルなドラムなど、メンバーの演奏も素晴らしく、高崎のギター・ソロがクローズ・アップ映像で観られるのもギター・ファンにはたまらないだろう。さらにボーナス映像として、DAY4(9月24日公演)から、あんぱん復帰となった「LOUDNESS」を収録してのリリースとなる。また、『RISE TO GLORY -8118-』に引続き、海外ではEarMUSICからのリリースとなる。 今作の発売と時を同じくして、5月には、発売30周年記念として『HURRICANE EYES』と『JEALOUSY』の楽曲を中心とした全国7カ所を巡るジャパン・ツアーと、自身初となるオーストラリア・ツアーが実現、そして、6月にはフィンランドのヘルシンキにて開催されるTuska Open Air Metal Festival 2019への出演が決まっている。

世界に誇る日本の至宝LOUDNESSのライヴ・アクトとしての魅力を満載したこの『LOUDNESS World Tour 2018 RISE TO GLORY METAL WEEKEND』は、LOUDNESSファンのみならず、世界中のメタル・ファン必見の映像作品に仕上がっている。 

※メーカー・インフォメーションより
ZAKK WYLDE'S BLACK LABEL SOCIETY / ザック・ワイルド・ブラック・レーベル・ソサイアティ / SONIC BREW - 20TH ANNIVERSARY BLEND 5.99 - 5.19 / ソニック・ブリュー ~20thアニヴァーサリー・ブレンド~
SONIC BREW - 20TH ANNIVERSARY BLEND 5.99 - 5.19 / ソニック・ブリュー ~20thアニヴァーサリー・ブレンド~
ZAKK WYLDE'S BLACK LABEL SOCIETY ザック・ワイルド・ブラック・レーベル・ソサイアティ
CD 2,700円(税込)

【国内盤】
オジー・オズボーンのバンドに復帰したザック・ワイルド率いるBLACK LABEL SOCIETY。2018年に新作『Grimmest Hits』をリリースし、Billboard Hard Rockチャートで1位を獲得するなど人気衰えぬ中、1999年に発表したデビュー作『Sonic Brew』の20周年記念盤をドロップ!!なんと全曲リレコーディング!!

※メーカー・インフォメーションより



RAMMSTEIN / ラムシュタイン / RAMMSTEIN <2LP>
(タイトルなし)
RAMMSTEIN ラムシュタイン
・CD 3,240円(税込)<直輸入盤仕様/初回生産限定スペシャルエディション>
・レコード 4,320円(税込)<輸入盤2LP>

*アルバム・タイトルは、システム管理上日本語: (タイトルなし)、英語:『RAMMSTEIN』と表記しておりますが、本作のタイトルはございません。

10年ぶりの帰還。ラムシュタイン、遂に動く。

★1995年デビュー以来、世界で2,000万枚以上のセールスを記録し2.5億回以上でストリーミング再生されている、ドイツが誇る世界的モンスター・バンド、10年ぶりの新作。
■2009年『最愛なる全ての物へ』に続く7枚目のスタジオ・アルバム。

★インダストリアルなメタル・サウンド、ショッキングなビデオ、オカルト的イメージ、火炎放射機を使った派手なライヴが評判を呼び、世界に強烈なインパクトを与えてきた、アメリカで最も成功しているドイツのバンド。この新作を伴い、2019年には18か国でスタジアム30公演が決定している。チケット発売後1時間で100万枚以上が売れ、28公演が完売している。 

■Rammstein:約10年ぶりとなる通算7枚目のオリジナル・アルバム、完成。1995年のデビュー以来、全世界で2,000万枚以上のセールスを誇り、インダストリアルなメタル・サウンド、ドイツ語で歌われるメロディ、火炎放射機を使った驚異的なライヴ、ショッキングなビデオが創り出す、オリジナリティ溢れる世界観が全世界で圧倒的な支持を受けている。ドイツから世界へ、題名すら不要な強烈でサウンドが再び放たれる。ラムシュタイン: クリストフ・シュナイダー(Ds)、フラケ・ロレンツ(Key)、オリヴァー・リーデル(B)、パウル・ランダース(G)、リヒャルト・Z・クルスペ(G)、ティル・リンデマン(Vo)

■本作:2009年『最愛なる全ての物へ』に続く7枚目のスタジオ・アルバム。プロデュース:オルセン・インヴォルティーニ with ラムシュタイン 

■★第一弾シングル「DEUTSCHLAND(ドイチュラント)」(ドイツ語で「ドイツ」の意味。ドイツのiTunesの総合ソングランキングで1位を獲得)のMV: 
https://www.youtube.com/watch?v=NeQM1c-XCDc




PAUL GILBERT / ポール・ギルバート / BEHOLD ELECTRIC GUITAR<DIGI>
BEHOLD ELECTRIC GUITAR<DIGI>
PAUL GILBERT ポール・ギルバート
CD 1,944円(税込)
【輸入盤】
ポールのギター今、表現力豊かなメロディ・ラインを奏で始める… 
驚異的なテクニックと圧巻の表現力で他を圧倒するナンバー・ワン・ギタリスト、ポール・ギルバートが、前作より約3年振りとなる最新作を完成させた! 全曲オーヴァーダブ無しの生々しいグルーヴが渦巻くこの最新作で、ポールはギターの持つ可能性をさらに押し広げていくのだ…!

◆RACER X、MR. BIG、そしてソロ・アーティストというキャリアを通して、その超絶テクニックと表現力に満ちたギター・ワークで世界中を魅了し続ける、ロック・ギターのイノベイターにして他を圧倒するNo. 1ギタリスト、ポール・ギルバート。1986年にRACER Xとしてデビューを果たしてから30周年となる2016年にはここ日本で記念公演を開催、全キャリアを総括したセットリストで大きな話題となったことも記憶に新しいところだ。 

◆光速ギタリストという異名を持つ彼は、その卓越した速弾き奏法で一気に注目を集めることとなった。しかし、彼の魅力はただ”速い事”だけではない。歌心を持ったフレージングや表現力に満ちたギター・ワーク、そしてMr. Bigやソロ・キャリアでも見せた、メロディ・ラインをより際立たせるようなリフ展開/ギター・メロディの多彩さなど、様々な魅力を持ち合わせた、まさにギターヒーローの名にふさわしい存在なのだ。 
◆そんな彼が、スタジオ・アルバムとしては2015年発表の前作『I CAN DESTROY』に続く最新作『BEHOLD ELECTRIC GUITAR』を完成させた! ここに収録されている全12曲には、ポール・ギルバートの作品の中でも最も表現力に満ちた実に見事なギター・プレイがぎっしりと詰まっている。 

◆今回のアルバムを制作するにあたり、ポールはまず歌詞を書きはじめ、そこにメロディをつけ始めていったという。その後、完成した曲をそのままヴォーカル入りの曲でレコーディングするのではなく、そのヴォーカル用のメロディ・ラインをギターで表現するという手法をとっていった。 
「まず最初に歌詞を書く事で、リズム的、そしてメロディ的なパズルを解いていった。そして、そのメロディにぴったりのコードやアレンジ、そしてグルーヴを組み立てていったんだ。曲が形になってきたな、と感じたら、歌詞をほおり投げてそのメロディをギターで表現していった。チャレンジは、ヴォーカリストが持つ表現力というものをいかにギターでキープするかっていうことだったよ。ある意味ヴォーカルよりも簡単に表現できるパートもあるしね、例えば、急に高音パートに移動するなんて芸当は、ギターじゃまったく問題ないからね! だから、メロディを構築する際に音程の幅広さというリミットを外して自由に書き上げることが出来たんだ。実際歌えなかったとしても、ギターではできるのさ!」 ─ ポール・ギルバート 

◆ヴォーカル・メロディをギターで表現するという手法は、彼が2014年に発表したアルバム『STONE PUSHING UPHILL MAN』で既に行われていた。このアルバムは、エアロスミスやジェームズ・ブラウンの曲をギターでカヴァーする、という作品だったのだが、今回はカヴァーではなく、ポール自身がヴォーカル用に書き上げたメロディ・ラインを、ギターで表現するという、さらに一歩先を行く展開を見せてくれている。 

◆最新作に関してもう一つ特筆すべきは、全曲オーヴァーダブを一切使わず、よりライヴ感に満ちたパフォーマンスを収録しているという点だ。現在彼が済むオレゴン州ポートランドの名うてのミュージシャン(Brian Foxworth / dr.、Asher Fulero / key.)に、ニューオーリンズのベース・レジェンド、Roland Guerinを迎え、プロデューサーにはジョー・サトリアーニの作品でも知られるJohn Cunibertiを起用、最低限のマイクのみでレコーディングを行ない、4人の卓越したミュージシャンの間で行われるセッションを通して生み出されたリアルなグルーヴを、そのまま音源として収録しているのだ。 
「オーヴァーダブをして後でエディットしていくっていう方法はすごく簡単なレコーディングに仕方さ。でも、俺は出来る限りライヴ感覚でレコーディングする方が好きなんだ、ミュージシャンや曲、そしてパフォーマンスを通すことで、音楽っていうのは正しい形で表現できるものだからね。このアルバムには一切オーヴァーダブを使ってないよ。ここで聴ける音は、総て4人のミュージシャンがお互いの音を聞きながらジャムしてたそのままの音なんだ。あとでここをオーヴァーダブして修正いいやっていう考えはなかったから、レコーディング中はとにかく精神的にアクティヴになって、それぞれの音や間に刺激されながら作っていった。素晴らしい空間だったよ」 ─ ポール・ギルバート

SAMMY HAGAR & THE CIRCLE / SPACE BETWEEN<DIGI>
SPACE BETWEEN<DIGI>
SAMMY HAGAR & THE CIRCLE
CD 1,836円(税込)
【輸入盤】
金、貪欲さ、啓発、そして真実…、様々なテーマーを最高のロック・サウンドでぶちかます! 
ヴォイス・オブ・アメリカ、もしくはレッド・ロッカーとして知られる、アメリカン・ハード・ロック・シーンを代表するフロントマン、サミー・ヘイガー。2014年よりライヴを中心に活動させてきたスーパー・グループ、サミー・ヘイガー&ザ・サークルが、遂に初のスタジオ・アルバムを発表!

◆73年にモントローズで世界的にその名を広め、その後もソロ・アーティスト、ヴァン・ヘイレン、そしてチキンフットを初めとする様々なプロジェクトに参加する、「ヴォイス・オブ・アメリカ」または「レッド・ロッカー」の名で知られるアメリカン・ハード・ロック・シーンを代表するフロントマン、サミー・ヘイガー。最高にロッキンな歌声で世界中のロック・ファンの心を鷲掴みにする彼が、2014年から始動させたスーパーグループ・プロジェクト:サミー・ヘイガー&ザ・サークルが、遂に待望のデビュー・スタジオ・アルバムを完成させた! 

◆ザ・サークルを構成するのは、サミー・ヘイガーを筆頭に、ヴァン・ヘイレン活動期以降様々な場所で共に活動を続ける盟友マイケル・アンソニー(b)、LED ZEPPELINの再結成時にドラムを叩き大きな話題を呼んだ、ジョン・ボーナムの息子、ジェイソン・ボーナム(dr)、そして2005年からサミーと共に活動するヴィック・ジョンソン(g)の4人。2014年に始動し、ライヴを中心に活動を続け、2015年にはライヴ・アルバム『AT YOUR SERVICE』を発表。モントローズ~ソロ~ヴァン・ヘイレン~The Waboritasと続くサミー・ヘイガーの活動の総てを網羅するかのような楽曲を披露したライヴを収録した今作は、スーパーグループの名にふさわしい実力と貫禄に満ちた最高のロックを聴かせてくれている(中にはLed Zeppelinのカヴァーも…!)。 

◆その後もライヴ活動を続けながら、バンドとしての一体感を築き上げていった彼らだが、活動開始から約5年の時を経て、バンドとして新曲ばかりを収録した初のスタジオ・アルバム『SPACE BETWEEN』を発表する…! ザ・サークル名義でのアルバムに関して、当時サミーはこう語っている。 
「スタジオで、このバンドが何が出来るのか、試してみたいんだ。なんとなくこんな感じになるだろうっていう感覚はあるよ。俺達が演るのは、クラシック・ロックじゃない。ヘヴィなエッジが効いた、アメリカン・フォーク・ロック的なものになるんじゃないかな。アメリカや、世界の事について歌うのさ。このバンドなら、そういったことが完璧に出来る気がするんだ」 

◆2018年7月に、インスタグラムにて新曲の一部を公開、その後2019年1月にはアルバムの情報と共に最新曲「Trust Fund Baby」を公開。ハード・ドライヴィングなロック・サウンドに、サミーとマイケル・アンソニーによるハーモニーが随所に織り込まれ、完璧なまでのアメリカン・ハード・ロック然としたこの「Trust Fund Baby」は、個々の今までの活動で培ってきたロックの総てを吐き出すかのような、爽快極まりない楽曲だ。 

◆お金と貪欲さ、啓発と真実、といったテーマを掲げ、そのテーマに基づいた楽曲で構成されるこのデビュー・アルバム『SPACE BETWEEN』には、それぞれのメンバーのアーティストとしての経験値や常に発展しつづけるかのようなお互いのコラボレーション力が、最高の形で収録されているといえるだろう。ヴェテラン・ロッカー達は、2019年という現在において、まさにロッカーとしての「ピーク」を謳歌しているかのようだ。 

◆現ロック・シーンにおいて、最も勢いがあり、最もエキサイティングなライヴ・バンドが放つ、最高のロック・アルバム『SPACE BETWEEN』。ヴェテラン4人が生み出す化学反応は、誰も予想しなかったほどに大きな成果となって、今世界に放たれるのだ…!

メーカー・インフォメーションより

★再入荷★

■PHANEROZOIC1:PALAEOZOIC / 顕生代~破壊と創生 第一部:古生代
THE OCEAN ジ・オーシャン
CD 2,700円(税込)
■SOUND GRADATION / サウンド・グラデーション -凍える枯山吹の侘しさと茜さすキミへの章-
SHADY GLIMPSE シェイディ・グリンプス
CD 3,672円(税込)
■冴~GO~
URUGOME ウルゴメ
CD 2,160円(税込)
■REVIVAL / リヴァイヴァル
DIVINEWIND ディヴァインウインド
CD 1,200円(税込)
■ETERNAL BATTLE SHIP / 宿命~イターナル・バトルシップ
ETERNAL EXCALIVER イターナル・エクスカリバー
CD 1,296円(税込)

【お問い合わせ】
ディスクユニオン 渋谷パンク・ヘヴィメタル館
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 5F
営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
TEL:03-3461-1121
e-mail:dp2@diskunion.co.jp

ENGLISH

友だち追加数

Share

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

diskunion渋谷
パンク・ヘヴィメタル館


〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-7
アンテナ21ビル5F

tel:03-3461-1121
e-mail: dp2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル
0120-068-191

open 11:00 - close 21:00
(日・祝 20:00 close)
=365日・年中無休!!=

>>access
>>shop news

買取に関するお問い合わせはこちら

電話で買取申込
03-5489-8191へ
メールで梱包キット依頼
無料で梱包キットお送りします
メールで集荷依頼
お荷物の集荷をいたします
メールで問合せ
dp2@diskunion.co.jp へ

ヘヴィメタル CD・レコード
当店で高価買取!

PUNK/HARDCORE CD・レコード
当店で高価買取!

ぜひ当店へお売り下さい!


PUNK/HARCORE 廃盤 CD高価買取いたします!



9月1日更新 PUNK 今月の高価買取アイテム!!!




FAT WRECK CHORDS CDアルバム買取保証キャンペーン

当店完全限定!OLD/NEWSCHOOL / NYHC / SxE CD高価買取致リスト

PUNK / HARDCORE
★★★CD・レコード高価買取★★★

パンク・ハードコアの買取は専門店の当店へ!

買取のご案内


店舗買取

買取ご希望商品を、本人確認書類と一緒にディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にお持ちください。
査定終了次第その場で現金でお支払いさせていただきます。

■ご用意いただくもの

(1)お売りいただくお品物
(2)ご本人確認書類

STEP01
ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にご来店ください

お近くのディスクユニオンにご来店ください

「買取ご希望のお品物」と「ご本人確認書類」をお持ちください。
買取のお持込は、お近くの買取センター/各店にて受け付けております。

STEP02
買取受付

買取受付

店内受付カウンターにてお持ちの点数を確認し、お品物をお預かりいたします。
査定終了見込みのお時間をお知らせいたします。

STEP03
査定結果のお知らせ

査定結果のお知らせ

専門知識豊富なスタッフが1点1点丁寧に査定をして明細を発行します。

買取査定表(サンプル)はこちら

金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いします。
ご満足いただけないお品物は単品ごとにキャンセルも可能です。

宅配買取

52年の中古査定実績。CD・レコードの買取は信頼のディスクユニオンにおまかせください。

大量にお売りいただける場合は、当買取センターの便利な宅配査定をご利用ください!



まずは、電話または、Eメールにてお問い合わせください!
◆宅配買取専用フリーダイヤル:
0120-068-191

◆買取専用Eメール:
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp


をプリントアウトして



必要事項を記入して



お売りいただく商品を同梱していただいて



電話で宅急便を依頼
(送料はもちろん無料!)



店舗に届いたら1点1点査定して



お支払いは現金か振込みでスムーズ



HEAVY METAL、PUNK/HARDCOREはぜひ当店へお売り下さい!
廃盤・レア盤以外も専門店ならではの高価買取!!!

【PUNK担当オススメの1枚!!】
月刊特集「俺の~シリーズ」

TWITTER UPDATE

カウンター