渋谷|CD・レコード・Tシャツの販売・買取|パンク・ヘヴィメタル館

PUNK/HARDCOREとHEAVY METAL/HARD ROCKの2つのジャンルの専門店! 渋谷で最もウルさく過激な音楽を取り扱っている専門店です!世界中の地下シーンの音楽があなたをお待ちしています! 場所は、渋谷宇田川町交番前 disk union渋谷5Fです。

9/27(金)METAL新譜入荷情報!


IN CAUDA VENENUM / イン・カウダ・ヴェネノム
OPETH オーペス
2,700円(税込)<1CD(英語ヴァージョン)>
3,780円(税込)<2CD / 英語ヴァージョン+スウェーデン語ヴァージョン>

【国内盤】
【ディスクユニオン・オリジナル特典
・コースター (ロゴ入り / サイズ:90mm × 90mm)

※CD1点につきコースター1枚のプレゼントとなります
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。

OPETH / オーペス / IN CAUDA VENENUM(SWEDISH VERSION)OPETH / オーペス / IN CAUDA VENENUM (SWEDISH & ENGLISH VERSIONS) <2CD/DIGI>

IN CAUDA VENENUM
1,944円(税込)<輸入盤/1CD/SWEDISH VERSION>
2,484円(税込)<輸入盤/2CD/DIGI/SWEDISH & ENGLISH VERSIONS>

プログレッシヴ・ロック×ヘヴィ・メタルの掛け合わせが生み出す芸術を、果てなく、どこまでも拡張し続けてきたオーペス。まもなく結成30周年を迎える彼らの3年ぶりのアルバムが、母国語であるスウェーデン語と英語の双方でのレコーディングを経て、リリースされる。自身の体内に流れるルーツを照射しつつ、無尽蔵に広がりゆく音世界を形にした、この深遠な調べを堪能せよ!

バンド結成から30周年を迎えようとする今、自身のルーツを凝視しながら、レトロに埋没せずに、飛躍し続ける音楽を構築するオーペス。このバンドの、そしてミカエル・オーカーフェルトに通底する態度は、一体どこまで屈強なものになっていくのだろうか。

1990年にスウェーデン・ストックホルムでバンドを結成したのは、ミカエルではなく、デイヴィット・イスベルグ。当初ベーシストとして誘われたミカエルだが、95年にデビュー・アルバム『オーキッド』をリリースする頃には、今に続くミカエル体制が始動する。ダークでありながらエモーショナルに響くプログレとデスメタルの巡り合いによって表現の幅を膨らませていく。96年にセカンド『モーニングライズ』、97年にサード『マイ・アームズ、ユア・ハース』、99年に4作目『スティル・ライフ』を立て続けに発表し、ジャンルを越境し、凝り固まった「ヘヴィ」に、新たな輪郭を投与していく。

ポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウィルソンと共に作り上げた2001年リリースの5作目『ブラックウォーター・パーク』が評判を呼び、活動をヨーロッパのみならず、アメリカへと広げていく。02年に『デリヴァランス』、翌03年に『ダムネイション』を立て続けにリリース、レトロな諧調に透明度の高いメロディを溶かし、時に肉厚なヘヴィネスをぶつけていく手法は、延伸を続けていく。05年に『ゴースト・レヴァリーズ』を発表、06年には第1回目となる「LOUD PARK 06」で初来日公演を果たし、日本でも認知されるようになる。08年には『ウォーターシェッド』、11年『ヘリテイジ』を発表し、アルバムを発表する度に来日公演を実現させるバンドに成長する。

14年の『ペイル・コミュニオン』、16年『ソーサレス』を経て、2017年5月に、アメリカ・コロラド州デンバーにある「レッドロック野外劇場」で行ったライヴを収録した『ガーデン・オブ・ザ・タイタンズ~オーペス・ライヴ・アット・ レッド・ロックス・アンフィシアター』をリリースした。3年ぶりとなる本作に取り掛かる前、バンドの活動からしばらく離れていたミカエルだったが、ある朝、子供たちを学校に連れていく間に、バイリンガルのアルバムを作る、とのアイディアを思い立ち、急ピッチで制作が進んでいった。

それは、自身のバンドのルーツへの旅路であり、バンドの起点から現在までのキャリアを総括する意味を持っていた。神々しさすら帯びるサウンドの美意識に浸りっぱなしになる。今、バンドが歩んでいくべき道を、原点に立ち返りながら探し当てるという壮大なスケール感。築き上げてきたものを解体し、再び構築するという、音楽へ向かう飽くなき野心が、また新たに異様な濃度の芸術作品を生み出した!


[メンバー]
ミカエル・オーカーフェルト (ヴォーカル/ギター)
フレドリック・オーケソン (ギター)
マーティン・メンデス (ベース)
マーティン・アクセンロット (ドラムス)
ヨアキム・スヴァルベリ (キーボード)

※ メーカー・インフォメーションより


GOLDBRICK / ゴールドブリック / GOLDBRICK/Akira Kajiyama 怒りのギター炸裂 伝説のライヴ ~Resurrection Tour 2019~<通常盤Blu-ray>
GOLDBRICK/Akira Kajiyama 怒りのギター炸裂 伝説のライヴ ~Resurrection Tour 2019~
GOLDBRICK ゴールドブリック
7,020円(税込)<通常盤Blu-ray>
8,100円(税込)<初回限定盤Blu-ray+2CD>
【国内盤】
【ディスクユニオン・オリジナル特典
・イベント参加券
 10/20 (日) 15:00スタート お茶の水ハードロック・ヘヴィメタル館
※レシート、もしくは通販納品書をディスクユニオンお茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館2Fのカウンターにお持ちください。先着でイベント参加券をお渡しいたします。
※イベント詳細はこちら

あの梶山 章が“狂気のギタリスト”と化した新生GOLDBRICK初の東京公演の模様を映像化!

日本屈指のテクニックを誇るギタリスト、梶山 章。無名ながら卓越した歌唱力を持つ藤井重樹というヴォーカリストを発掘した彼は、かつて森川之雄(現ANTHEM)と組んだ正統派ハード・ロック・プロジェクトの“GOLDBRICK”という名前を復活させ、昨年『THE BOUNDARY』というアルバムをリリースした。その新生GOLDBRICKが今年5月6日に行なった東京・目黒鹿鳴館でのライヴの模様を収録した映像作品が遂にリリースされる。永川敏郎<key>も参加、リズム隊には新顔を迎えて行なったこの東京公演は、上機嫌で弾きまくっていた梶山が最後に来て突如キレて、さながら若き日のリッチー・ブラックモアが“狂気のギタリスト”と呼ばれたような、怒りのギターを炸裂させたことが、マニアの間で噂になっている、いわく付きの商品だ。梶山は「アルバムにはない、ライヴならではの楽しみ」を観客に提供するため、アルバムではバッキングに徹していた箇所でも終始メロディを奏で、思う存分弾きまくっていた。その表情はあくまで笑顔であったが、本編ラストの“Fly Away”からインストで“威風堂々”へと入っていったところで一瞬プレイを中断、気を取り直して再び演奏に戻ってエンディングを迎えたものの、厳しい表情でステージ袖に姿を消した。“威風堂々”の演奏中に起きた“ある出来事”に、怒りが爆発したのだという。梶山はアンコールで、その怒りを「狂ったように弾きまくる」ことで発散した。こういう梶山はちょっと見たことがない。結果的に、我々は“和製リッチー・ブラックモア”と呼ばれた梶山 章が、まさに“狂気のギタリスト”と化す瞬間を目撃したことになる。それはまさに鬼気迫る光景だった。今回、その“怒りのギター”を含めて、かつてないほど弾きまくった梶山のパフォーマンスがパッケージ化されたのは、実にありがたい。マニア必携の逸品である。

(文●広瀬和生/BURRN!編集長)

※メーカー・インフォメーションより

MERGING FLARE / マージング・フレア / REVOLT REGIME / リヴォルト・レジーム

REVOLT REGIME / リヴォルト・レジーム
MERGING FLARE マージング・フレア
CD 2,700円(税込)

【国内盤】
ビースト・イン・ブラックのカスペリ・ヘイッキネン(ギター)が在籍するマージング・フレアが約8年ぶりとなる2ndアルバム『リヴォルト・レジーム』をリリース!スピード・チューンを中心にした劇的なナンバーの数々はメタル・ファンをノックアウトすること間違いなし!

同じ学校に通っていたカスペリ・ヘイッキネン(ギター)とヘンリ・パイ(ドラムス)によって結成されたカヴァー・バンドから発展したDISEASEを母体に、2001年から活動をスタートさせたマージング・フレア。他のバンドと掛け持ちをしながら、3本のデモの制作をした彼らは、結成から10年目にしてアルバム『レヴェランス』(2011年)でデビューを果たす。この作品にはガンマ・レイのカイ・ハンセンが4曲に参加していたことが話題となったが、実はマージング・フレアのメンバーのカスペリとマティアス・パルム(ヴォーカル)は、マニアにはよく知られているガンマ・レイのトリビュート・バンドGUARDIANS OF MANKINDで活動しており、カスペリは怪我をしたガンマ・レイのヘニュ・リヒターの助っ人としてステージに立ったことがあるなど、本家も認める存在なのである。

この『レヴェランス』はガンマ・レイからの影響を感じさせるものの、シンセサイザーを大胆に取り入れた曲もあるなど、いわゆるジャーマン系のメロディック・パワー・メタルとはひと味違う作風になっていた。この作品をリリース後、地元フィンランドで数回ライヴを行なったものの、バンドは活動を休止。その後、カスペリはU.D.O.のメンバーとして活動した後、元バトル・ビーストのアントン・カバネンが結成したビースト・イン・ブラックに参加し、アルバム『バーサーカー』(2017年)と『フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ』(2019年)をリリースする中、マージング・フレアを再始動させ、今回、約8年ぶりとなる2ndアルバム『リヴォルト・レジーム』を発表したのであった。

ギタリストが1人脱退し、マティアス・パルム、カスペリ・ヘイッキネン、ヘンリ・パイ、ハッリ・レイノネン(ベース)の4人によって制作されたこの作品は、シンセサイザーのパートが少なくなったこともあって、全体的にサウンドがシャープになり、キャッチーなヴォーカル・メロディが印象的なメロディック・パワー・メタル・アルバムに仕上がっている。スピード感のあるナンバーを中心に美旋律リード・ギターをフィーチュアした曲や疾走感溢れるアグレッシヴなナンバーなど、どの曲もヘヴィ・メタルの醍醐味に溢れており、ハスキー・ヴォイスのマティアスのパワフルな歌声と、カスペリの技巧派ギター・ソロも大きな魅力。ガンマ・レイやビースト・イン・ブラックのファンのみならず、メロディック・パワー・メタル・ファン全てにアピールする作品に仕上がっている。

[メンバー]
カスペリ・ヘイッキネン (ギター)
マティアス・パルム (ヴォーカル)
ハッリ・レイノネン (ベース)
ヘンリ・パイ (ドラムス)

※ メーカー・インフォメーションより


CORELEONI / コアレオーニ / II
II
CORELEONI コアレオーニ
CD 2,700円(税込)
【国内盤】
リッチー・ブラックモアズ・レインボーの他、Nozomu Wakai's DESTINIAやMETAL WEEKEND 2019に出演するMETAL SOULSでの活動でも知られるロニー・ロメロ(ヴォーカル)をフィーチュアしたドリーム・プロジェクト、コアレオーニが2ndアルバムをリリース!ゴットハードのレオ・レオーニ(ギター)、ヘナ・ハーベッガー(ドラム)らと共に、ゴットハードの楽曲のセルフ・カヴァーを実現。新たなエナジーを吹き込んだゴットハードの名曲に加え、新曲も2曲収録。

1991年にスイスで結成され、アルバム『ゴットハード』(1992年)でデビューを果たしたゴットハード。パワフルなビートとフックのあるヴォーカル・メロディを武器にしたハード・ロックが注目を集めた彼らは、2ndアルバムの『ダイアル・ハード』(1994年)をスイス・チャートNo.1に送り込むと、その後もリリースしたアルバム全てがNo.1に輝くなど、スイスやヨーロッパで絶大な人気を誇るバンドとして知られる。2010年にバンドの象徴的存在であったシンガーのスティーヴ・リーがアメリカで、オートバイのツーリング中に事故死するという悲劇を乗り越え、現在は新たにニック・メーダーを迎えて活動を継続。そうした中、バンドの中心人物であるレオ・レオーニ(ギター)がゴットハードのデビュー25周年を記念し、自らゴットハードのトリビュートをすべく立ち上げたこのコアレオーニであった。

ロニー・ロメロ(ヴォーカル)、現ゴットハードのヘナ・ハーベッガー(ドラム)らによって制作された1stアルバム『ザ・グレイテストヒッツ パート1』(2018年)は、ゴットハードの『ゴットハード』、『ダイアル・ハード』、3rdアルバムの『G.』(1996年)などからの楽曲のカヴァーや新曲などを収録しており、オリジナルに近い形でプレイされていたこともあって、ゴットハード・ファンも安心して聴ける内容になっていた。アルバム・リリース後、ヨーロッパ・ツアーも行なったバンドは、2ndアルバムの制作に乗り出し、完成したのがこの2ndアルバム『II』である。

前作と同じメンバーで制作されたこのアルバムは、『ゴットハード』から「スタンディング・イン・ザ・ライト」「エンジェル」、『ダイアル・ハード』から「ラヴ・フォー・マネー」「オープン・ファイア」「シー・ゴーズ・ダウン」「アイム・ユア・トラヴェリン・マン」「マウンテン・ママ」といった90年代の曲を中心に構成されており、どの曲もイントロからオリジナルと同じ雰囲気でカヴァーされている。そこに現代的な厚みのあるサウンドや各メンバーの個性を盛り込むことで、ゴットハードの楽曲に新たな命が注ぎ込まれたような印象だが、ロニーの歌声がスティーヴ・リーと似たタイプということもあって、違和感なく聴けるのがこのプロジェクトの魅力の1つである。尚、ボーナス・トラックには『リップサーヴィス』(2005年)から「アンド・ゼン・グッドバイ」のカヴァーのピアノ・ヴァージョンを収録している。


[メンバー]
ロニー・ロメロ (ヴォーカル / レインボー, DESTINIA, METAL SOULS)
レオ・レオーニ (ギター / ゴットハード)
ヘナ・ハーベッガー (ドラムス / ゴットハード)
イゴール・ジアノラ (ギター)
ミラ・マーカー (ベース)



MORTEM (Metal) / RAVNSVART
RAVNSVART
MORTEM (Metal)
CD 1,980円(税込)
【輸入盤】
後にMAYHEM/ARCTURUSのHellhammer、後にARCTURUS/THORNSのMarius、後にARCTURUS/COVENANTのSverdにより80年代末期に活動し、ARCTURUSの前身にもなった暗黒初期デス・メタル・バンドが、1349/PANTHEON IのSeidemannを加えて18年に再結成。そして復活作となる19年1stフル・アルバムが本作。
不穏な妖気が漂うキーボードとコールドなリフによるノルウェイジャン・ブラック・メタル・サウンドとなっており、初期の頃とはまったく違う音ではあるが、さすがにノルウェー・シーンの天才が集まっているだけあってその質は非常に高い。


BLACKFOOT / ブラックフット / ROAD FEVER 1980-1985 / ロード・フィーヴァー 1980-1985<輸入盤国内仕様>
ROAD FEVER 1980-1985 / ロード・フィーヴァー 1980-1985<輸入盤国内仕様>
BLACKFOOT ブラックフット
CD 3,456円(税込)

【国内盤】
現在もレーナード・スキナードでギタリストとして活躍するリッキー・メドロック率いる、伝説のサザン&ハード・ロック・バンド、ブラックフットの貴重な未発表ライブ音源が2枚組で発売!!1980-1985年の間にメドロック、ウォーカー(B)、ハーグレット(G)、スピアーズ(Dr)のオリジナルメンバーで行った、アトランタ、シカゴ、デンバー、そしてネブワースでのライブ録音だ!ヒット曲「ハイウェイ・ソング」を初め、全盛期の彼らの疾走感あふれる豪快なプレイは必聴!!

※メーカー・インフォメーションより


AS I LAY DYING / アズ・アイ・レイ・ダイング / SHAPED BY FIRE<DIGI>

SHAPED BY FIRE<DIGI>
AS I LAY DYING アズ・アイ・レイ・ダイング
CD 1,944円(税込)
【輸入盤】
メタル・コア界最重要バンドAS I LAY DYINGの19年発表7thアルバム。前作Awakened以来約7年ぶり、活動再開後初のアルバムとなる。攻撃的なサウンドと、耳に残るキャッチーなサビやコーラスは健在で、メタルコアのベテランバンドとしての意地を見せつけた1枚。


THUNDER (from UK) / サンダー / THE GREATEST HITS<2CD>THUNDER (from UK) / サンダー / THE GREATEST HITS<3CD>
THE GREATEST HITS
THUNDER (from UK) サンダー
1,620円(税込)<2CD>
2,160円(税込)<3CD>

【輸入盤】
正統派ブリティッシュ・ロックの名曲の数々が、今再びまばゆいばかりの光を放ち始める…!
ソウルフルでメロディアス、ハードでダイナミックなロックを奏で続ける英国が生んだブリティッシュ・ロックの良心、サンダー。89年の結成から記念すべき30周年を迎える今年、メンバー選曲による究極のベスト・アルバムがここに登場する! 今なおその歩みを止めることなく前進し続ける彼らの珠玉の名曲達を、今こそ聴け!

◆正統派ブリティッシュ・ロックを現代に持ちこみ、そこに現代的なハード・ロック・スタイルを付け加えた、ソウルフルでメロディアス、ハードでダイナミックなロックを奏で続ける、英国が生んだブリティッシュ・ロックの良心、サンダー。何度かの活動休止を発表しているものの、今もなお精力的な活動を続けており、2017年に発表した最近作『RIP IT UP』は堂々のUKチャート3位を記録、2018年1月と2019年6月には来日公演も実施しており、変わらぬ最高級のパフォーマンスで観客を熱狂させたことも記憶に新しいところだ。
◆このブリティッシュ・ロックの良心とも言われるサンダーがその活動を開始させたのは、1989年のこと。そのバンド結成から30周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎える今年、まず彼らは『PLEASE REMAIN SEATED』という、過去の楽曲達にアコースティックなアレンジを施し、新たな魅力を纏った作品として生まれ変わらせたアルバムを発表したのだが、そのセルフ・カヴァー集に続き、今までに彼らが発表してきた12枚のスタジオ・アルバムの楽曲を、メンバー監修のもと選曲がなされたベスト・アルバム『THE GREATEST HITS』を今届けてくれた! メンバーが選曲に携わったベスト盤の発売は、実はこれが初となる、まさに記念すべきベスト・アルバムが登場するのだ。
◆この『THE GREATEST HITS』に選曲された楽曲は、バンドが30年以上にわたり旅をつづけ、開発し、そして自分自身の挑戦し続けながら、彼らを特別なものにするコアな要素を失うことなく常に進化し続けてきたその過程を完璧な形で示してくれる、名曲ばかりだ。この記念すべきベスト・アルバムは、28曲の珠玉の楽曲の数々を2枚のCDに収録した2CD、それに2019年1月18日にプラネット・ロック・スタジオで行われたライヴ・セッションの模様を収録したライヴCDをボーナス・ディスクとして収録した3枚組CD、そして2CDと同内容の楽曲を3枚のアナログ盤に収録した3LPという3形態でのリリースとなる。
◆キャリアを開始して30年を経た今、これまでの出来事を振り返り、素晴らしい作品の数々を振り返りながら、地平線とこれからの未来に目を向けるかのようなこの『THE GREATEST HITS』は、包括的でまとまりがあり、キャリアにまたがる完璧なるコレクションであり、全英チャート21位を記録した90年の『BACKSTREET SYMPHONY』で、世界を舞台とした壮大な音楽的旅路へのデビューを果たして以降、彼らがリリースしてきたすべての作品の素材を取り入れたものとなっている。 デビュー作での大ヒットに続き、1992年に全英2位を記録した『LAUGHING ON JUDGEMENT DAY』、1995年に全英5位を記録した『BEHIND CLOSED DOORS』をはじめ、2017年に堂々全英3位を獲得した『RIP IT UP』まで、総てのアルバムから丁寧に楽曲が選曲されているのだ。ちなみに、2015年の『WONDER DAYS』、17年の『RIP IT UP』、そして先述の2019年の『PLEASE REMAIN SEATED』という直近の3作品は、すべて全英チャートにおいてトップ10入りを果たしている。
◆フロントマンのダニー・ボウズは、今作に関してこうコメントを残している。
「30年間動き続けてきたけど、ようやくこのベスト・アルバムという作業を適切に行う準備が出来た、と感じることが出来たんだ。『PLEASE REMAIN SEATED』で昔の楽曲を探索し、再構築してきた。そして、この『THE GREATEST HITS』で、私達にとって非常に重要な曲をこうして集めることが出来たのさ」
また、ギタリストでメイン・ソングライターでもあるルーク・モーリーはこうコメントしている。
「このコンピレーション・アルバムを選曲する作業はとても楽しかったよ。俺達の歩みをこうして一つの大きなコレクションとして発表できるのは、素晴らしい事だと思うね」
◆多くのバンドにとって、『THE GREATEST HITS』というタイトルが付けられたアルバムは、過去の栄光をたどるものだ。しかし、サンダーにとっては、このコレクションは彼らの出発点から現在に至る道しるべ的な作品なのだ。すでに最新作の準備にも取り掛かっていると言う彼ら、30年という節目に今までの道のりを一つの作品としてまとめあげた彼らは、既にその先に続き道へとその新たな一歩を踏み出そうとしているのだ…。


【DISC 3 - Live At Planet Rock Studios, London, January 2019】

01. Bigger Than Both of Us
02. Serpentine
03. She's so Fine
04. Blown Away
05. River of Pain
06. Stand Up

※メーカー・インフォメーションより


MICHAEL SCHENKER FEST / マイケル・シェンカー・フェスト / REVELATION MAILORDER EDITION<2LP/RED BLACK SPLATTER VINYL+DIGI>

REVELATION MAILORDER EDITION<2LP/RED BLACK SPLATTER VINYL+DIGI CD>

MICHAEL SCHENKER FEST マイケル・シェンカー・フェスト

7,560円(税込)
【輸入盤】
Gary Barden,Graham Bonnet,Robin McAuley,Doogie Whiteという歴代のシンガーが集結するプロジェクト。デビュー・アルバムとなった前作RESURRECTIONの発表から1年と数か月、早くも2ndアルバムが誕生!(19')今回は4人のヴォーカリストに加え、新生RAINBOWや、若井望率いるDESTINIAで活躍するRonald Romeroがゲスト参加している。また、本アルバムの製作中ドラマーのTed McKennaが急逝。突然の悲劇を乗り越え制作された本作は、MICHAEL SCHENKERの鬼気迫る魂のプレイとヴォーカリストたちによる絶唱が、ファンの心を揺さぶること間違いなしの感動の傑作に仕上がっている。CDとLP2枚に加え、ジグソーパズル、ポスター、フォトカードが付いたボックス・セット。
【仕様】
・デジパック 
・2LP/RED BLACK SPLATTER VINYL


★再入荷★
AXEWITCH / VISIONS OF THE PAST
VISIONS OF THE PAST
AXEWITCH
CD 2,160円(税込)【輸入盤】
初期北欧メタルの重要バンドの一つAXEWITCHの84年発表2ndフル・アルバム。

【お問い合わせ】
ディスクユニオン 渋谷パンク・ヘヴィメタル館
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 5F
営業時間:11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
TEL:03-3461-1121
e-mail:dp2@diskunion.co.jp

ENGLISH

友だち追加数

Share

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

diskunion渋谷
パンク・ヘヴィメタル館


〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-7
アンテナ21ビル5F

tel:03-3461-1121
e-mail: dp2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル
0120-068-191

open 11:00 - close 21:00
(日・祝 20:00 close)
=365日・年中無休!!=

>>access
>>shop news

買取に関するお問い合わせはこちら

電話で買取申込
03-5489-8191へ
メールで梱包キット依頼
無料で梱包キットお送りします
メールで集荷依頼
お荷物の集荷をいたします
メールで問合せ
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp へ

ヘヴィメタル CD・レコード
当店で高価買取!

PUNK/HARDCORE CD・レコード
当店で高価買取!

ぜひ当店へお売り下さい!

PUNK/HARCORE 廃盤 CD/レコード 高価買取いたします!


■FAT WRECK買取保証キャンペーン


■JAPANESE PUNK HARDCOREレコード高価買取リスト


■PUNK/HARDCORE高価買取リスト
 

■海外HARDCORE高価買取リスト


当店完全限定!OLD/NEWSCHOOL / NYHC / SxE CD高価買取致リスト 

PUNK / HARDCORE
★★★CD・レコード高価買取★★★

パンク・ハードコアの買取は専門店の当店へ!

買取のご案内


店舗買取

買取ご希望商品を、本人確認書類と一緒にディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にお持ちください。
査定終了次第その場で現金でお支払いさせていただきます。

■ご用意いただくもの

(1)お売りいただくお品物
(2)ご本人確認書類

STEP01
ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館にご来店ください

お近くのディスクユニオンにご来店ください

「買取ご希望のお品物」と「ご本人確認書類」をお持ちください。
買取のお持込は、お近くの買取センター/各店にて受け付けております。

STEP02
買取受付

買取受付

店内受付カウンターにてお持ちの点数を確認し、お品物をお預かりいたします。
査定終了見込みのお時間をお知らせいたします。

STEP03
査定結果のお知らせ

査定結果のお知らせ

専門知識豊富なスタッフが1点1点丁寧に査定をして明細を発行します。

買取査定表(サンプル)はこちら

金額にご納得いただければ、その場で現金でお支払いします。
ご満足いただけないお品物は単品ごとにキャンセルも可能です。

宅配買取

52年の中古査定実績。CD・レコードの買取は信頼のディスクユニオンにおまかせください。

大量にお売りいただける場合は、当買取センターの便利な宅配査定をご利用ください!



まずは、電話または、Eメールにてお問い合わせください!
◆宅配買取専用フリーダイヤル:
0120-068-191

◆買取専用Eメール:
dp2_punk_buy@diskunion.co.jp


をプリントアウトして



必要事項を記入して



お売りいただく商品を同梱していただいて



電話で宅急便を依頼
(送料はもちろん無料!)



店舗に届いたら1点1点査定して



お支払いは現金か振込みでスムーズ



HEAVY METAL、PUNK/HARDCOREはぜひ当店へお売り下さい!
廃盤・レア盤以外も専門店ならではの高価買取!!!

【PUNK担当オススメの1枚!!】
月刊特集「俺の~シリーズ」

TWITTER UPDATE

カウンター